読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Urara's favorite music~2nd stage~

私の好きな80年代、90年代のJ-POPを中心に音楽にまつわる緩い内容です。

黒沢健一Live Tour 2013(3)

黒沢健一ライブレポ

リクエスト曲が、コア過ぎるw

ここからは、一気にクライマックス。
健一「これもね、リクエストで多かった曲です。」「スピードを上げてく」

ソロアルバム「B」の中の曲。車の中で聴くと・・・ついアクセル
踏みたくなるけど、スピード出しすぎには注意しようね(;^ω^)
私的には、この曲が来るとは思わんかったわ。
「MAYBE BABY」「Motion Picture」「NICE TO MEET YOU」
全部L⇔R時代の曲です。

 「Motion Picture」やってくれたのは、マジで嬉しかった!!

ポリスター時代のアルバム「Lefty in the Right」の中の曲。
この曲を聴いて、L⇔Rにハマったんだし。
「MAYBE BABY」は、キャニオン時代の「Let me Roll it!」の中の曲。
「NICE TO MEET YOU」は、「Knockin'・・・」よりも3つ後だったと
思うけど、L⇔Rのシングル曲。アルバム「Doubt」にも入ってる。
この辺は、観客のテンションも爆上げ状態だわな。
私も夢中になって、ジャンプしながら踊ったよw

 20代の頃を思い出します。あの頃も、L⇔Rに夢中だったけど

今も、こんなに健ちゃんのトリコになるって思ってなかった。
見ればみるほど、好感度が上がってしまう。(*´ω`*)

健ちゃんのテンション爆上げ~~!

この辺りだったかなぁ?忘れたんだけど、健ちゃんのテンションが
(´∀`∩)↑age↑状態で、いきなりステージをダンッ☆と降りた。
そして、私ら観客からみて右側からダーッとダッシュする。
観客とお手々ターーーーッチ☆-(ノ゚Д゚)八(゚Д゚ )ノイエーイ
私も「手を出さなくちゃ!」と思って出したら
ギュッ☆と健ちゃんが触れてくれた~すんげぇ柔らかい感触。
あれは、激ヤバだよ~!!私で最後だったようで、それからは健ちゃんはステージに
戻ったんだっけ。

そして、仕草がベリーキュート💛なこの曲。「KNOCKIN' ON YOUR DOOR」
この前の「関ジャニ」の番組でも歌ったけど、これを
聴いたら、どっちが本当の健ちゃんの魅力かが分かると思う。

youtu.be


↑音量注意ね。

そして、ソロのセカンドシングルで斬新なこの曲。「Rock'n Roll」

何が斬新かって、この曲「Rock'n Roll」なのに、3拍子のメロディアスな感じだから。
そして、健一「これで最後の曲になります。(ここで観客えーっとどよめく)
これは僕からの思いです!オ~ル♪ナァ~イ~ウォンっ!イ~ズ💛ユ~ゥ💛
(本当にこんな感じでキュートかつ豪快に言っていた)」嬉しいねぇ~
ハートがビシバシ伝わるよ。・・・ってこれじゃぁ、分かんないわって?w

この曲だよ「ALL I WANT IS YOU」。終わって、アンコール要求の拍手が響く。

アンコールにネタを披露する遠山さんw

そして、アンコールではバンドメンバーはツアTを着て出てくる。

この時に、必ず遠山さんがネタを仕掛けてくるんだがwやっぱりやってくれました。
健一「どうしてもね(;^ω^)オレにこのコーナーを設けてくれって言うので(笑)
これをやるからって、必ずしも売り上げに貢献したことないんだけどねぇ・・・。
遠山さん!」

と、ここで、某通販家電会社のマネをする遠山さんwww
グッズの紹介を、最近彼が担当するようになってしまってるね。

すっかり社長(当時)のマネしてましたw上手かったわ。
あのテンションの高さが似ていた。ジャパ○ットユタカwww
キーボードで、あのオープニングの曲をさらっと弾いていたけど
健一「このためにジャパ○ットのサイトを、わざわざ検索して
曲をコピーしてやっていたそうです。(;^ω^)」
遠山さん、すげぇなwそこまで必死になって、ネタ作っていたとは!
ご苦労さまと言いたくなる。

「This Song 」は、永遠の名曲。

この曲、私は大好きで多分色あせないであろう名曲だと断言したい!!!
異論は認めます(笑)「This song」ギターに、汗がいくつも張り付いているのが分かる。
健ちゃん、いつになく本当に必死です。腕にもうっすらと、汗が見えるのが分かる。

この曲、本当にオススメです。8cmCD時代の曲なので、CDでは2016年現在、中古でしか手に入らないかも。iTunesとかはあるのかな?)

そして、この曲・・・

「Rock'n Roll Band」アルバム「Banding Together in Dreams」の一曲です。
そして、ライトが落ちた。
ダブルアンコールでは、静かなこの曲。「Goodbye」。これも、アルバム「Banding Together in Dreams」の一曲。

ファンサービスしまくりの健一💛

この度は、携帯のカメラOKってこともあるのか健ちゃんは、サービスしまくってたなw左側で、カメラを構えていた人に「イエーイ♪」とピースしたりしていたっけ。

「観客の顔が見えない~!」と、ライトを観客に向けさせたりした。
イムズホールは、L⇔Rで最初にやったツアー「Back to mono」をやった場所。
思い出の場所だったけど、どうも健ちゃんはおぼろげな記憶っぽいので
観客に必死に教わっていた様子だった。
20年ぶりに帰ってきたので、「お帰り~!」と私は迎えの言葉を言った。
このツアー行ってないので、今となってはマジで後悔したよ。

また、楽しませていただきました。健ちゃんを始め、バンドの皆さん。
(今回、リズム隊のドラム&ベースのお二人さんに
スポット当てていなかったけど、お二人さんの
存在がなかったら成り立ちません。山口さんのベースもかっこよかったです。)

f:id:scene45:20161009153712j:plain

本当に心から感謝します。そして、このブログを読まれてたアナタ。
長くてごめんね(;^ω^)ありがとうございました。


ここの画像はこのまま残すので、健ちゃんが露出してないときに
寂しくなったら、いつでも見に来てください。

f:id:scene45:20161009155802j:plain

因みに、この数か月後に限定で出したCD+DVDBOXの「Banding Together in Box」に

私が撮った動画と、Special Thanksのクレジット(名前)に私の名前があります。

一旦、休みますね。