読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Urara's favorite music~2nd stage~

私の好きな80年代、90年代のJ-POPを中心に音楽にまつわる緩い内容です。

今更、黒沢健一のアルバムレビューを書いてみる。

黒沢健一関連ネタ

お待たせ・・・してないとは思うがwアルバムレビューは普通は、フェアに書かないと
イカンので、ファンであるアーティストさんのアルバム書くと、どうしても上手く
書けないものです。💦

何故なら、ひいき目で見ちゃうからね。「健ちゃん、病気に負けるなキャンペーン」ということで(私が勝手に一人で開催しているだけですw)

黒沢健一さんの今まで出したソロのアルバム(L⇔R時代のは省きます)
数多くありますが、全部オススメと声を大にして言いたいの。

それでは、何にもなりません。「マジで、全部聴いてみ?昨今の音楽業界は何でこういう人を大事にしないのよ(# ゚Д゚)プンスコ!!」と、文句言いたくなるのを抑えて・・・。

私の目線で恐縮なのですが、2つ選ばせていただきます。「First」「Focus」

どれにしようか、本気で迷いました。どれも、名盤すぎるからさぁ💖

 

写真を用意しているので、まずはこのアルバムから・・・。

Focus(2009年3月発売)のレビューを書いてみる。 

                         

ジャケットがシンプルで、( ・∀・)イイ!!

これは、後にLimit Editionが限定発売されておりました。
一時期、中毒かと思うくらい聴いていたアルバム。最後にバラード曲を持っていく
アルバム(健ちゃんに限らず、他のアーティストさんのも含めて)は多いけど、
最初に「Grow」という、ピアノの演奏から入る穏やかなバラード曲から入るのが
何とも新しかった記憶があります。

私が個人的に好きなのが「Silencio」(イタリア語で静寂の意味)と、「POP SONG」、「Do we do」。彼の唄の歌詞は、Theラブソングー!って感じや
異様に前向きー!って感じではないのが、好感が持てるなって思うのです。

それだけに、悪い言い方で言うと判りにくい。ベタな感じがないから。
そっと優しい言い方なのである。

静寂を切り裂くようにメッセージを伝えるように、引き込まれる世界観。

「Silencio」は、マイナーコードの曲でサウンド的には、サイモン&ガーファンクル
っぽい感じ?「Focus」ツアーで、この曲を聴いた時のあの世界観は圧巻でした。
唾を飲みこむのも惜しむくらい、静かにしないといけないかなっていう空気。
静寂なのに、迫力が半端ないのですよ。

「POP SONG」は、優しい感じでそっと背中を押してくれる感じがいいです。
違うアルバムだけど「B」に収録の「遠くまで」のような前向き系の曲の方が
分かりやすいのは確かなのですが、「POP SONG」のようなそっと前向きって
感じも私は好きですね。💕

「Do we do」は、これはFocusツアー福岡公演に行った時に今でも思い出します。
ここで、健ちゃんの迷言がwwww

「クラップハンドを・・・好きなリズムでお願いします!(キリッ」客席( ゚д゚)ポカーン・・・w

「それじゃぁ、歌いにくくないかなぁ?(;^ω^)」と、心の中でツッコんだ私。
こういうギャップがあるので、ライブに行くのが辞められなかったのよw

この曲自体は、軽く相手の女にイラッときてる男の気持ちの曲って感じなんだけど
こういうのがスッと入るのもスパイス的には良いのですよ。

おまけ:Limit Edition、今でも大切に保管してます💕

f:id:scene45:20161030205045j:plain

今開けてみると、本当にワクワク感が止まりません。彼自身が音楽(洋楽)
ファンなのでそのツボを心得ているところが、この人に好感が持てるわけです。💕

 

長くて申し訳ない・・・レビューになってないかも(ノ∀`)アチャー

次は「First」のレビューです。おたの・・・期待しない方が吉w