Urara's favorite music~2nd stage~

私の好きな80年代、90年代のJ-POPを中心に音楽にまつわる緩い内容です。

黒沢健一と言えば、マンガ。

タイトル通りです。コアなファンの方なら、お分かりと思います。
故 黒沢健一さんと言えば、自筆でマンガをいくつか書いております。
彼自身、生前L⇔R&ソロライブグッズのイラストを数々手掛けております。
あとL⇔RのCDジャケットもそうですね。


今日はその中でも、マンガを取り上げてみましょう。

f:id:scene45:20161212221358j:plain              

1997年のL⇔RのDoubt TOURの時に、箱にポスターや色々入っていたのですが
未だに持っているのが、この「Doubtful Portraits of L⇔Rです。
たまに読むので、物凄くボロボロですw
話が秀逸な上に、思わずクスッときてしまうくらいカワイイイラストが絶妙ですね🎶

中でも、この「世界で一番恐いクマ」がツボですw

★一時期卓上サイズのカレンダーにも、マンガを描いてました。

                        

2012年の卓上サイズのカレンダーも健ちゃんは手掛けてましたね。
東日本大震災にまつわるマンガも、ありましたね。
「LAY YOUR HANDS」(ソロアルバム「Banding together in Dreams」の中の一曲)をBGMに、見つめてみるのもいいかも。ファンの皆さんならご存じと思いますが、彼の地元は被災したところでもあります。

★知らないうちに使っているグッズ、今となっては大変貴重なもの。

彼が手掛けた、イラスト入りのライブグッズ(Tシャツ、ポーチなど)は
大いに使ってます。意外と他の人は、ライブグッズだと気づかないようだし
そんなにダサいデザインでもないので、重宝しています。✨

f:id:scene45:20161216235940j:plain

↑最後のグローブ座ライブのグッズです。去年は、やってないから。
このポーチ、かなり重宝してます🎶

こうやって改めて見てると、気が付けば側にかなりあるので
彼の存在を、忘れるわけがありません。
音楽家として彼が天才肌なのは、皆さん承知の通りですが、彼はイラスト面は
上手いわけではないけど、可愛らしくていい味出しているんですね。💖

 

★長年クロサワファンで居て、一度も後悔したことがないです。


こんな彼のファンをずっとやることができて、本当に良かったと思う
ことばかりです。一度も後悔したことがないんですもの。
好きになって良かった。商業的な感じでなないかも知れませんけど、彼らしさを
周りの人が認めているお蔭で、いい音楽が創れたんだと思います。

こういうアーティストさんが居てもいいんだよ。
何度でも言うよw 私は健ちゃんがずっと大好きだぁ~っ💕