読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Urara's favorite music~2nd stage~

私の好きな80年代、90年代のJ-POPを中心に音楽にまつわる緩い内容です。

黒沢健一さんのソロアルバムが再発売ですって🎶

f:id:scene45:20161009153712j:plain

ソースはこちら↓

ameblo.jp

news.k-kurosawa.com

 

3月15日再発売されるそうです。実は、事務所に再発売の交渉メールしたんだけど
事務所の方が忙しいかなって思って、メールした当時はまだ健ちゃんが
亡くなったばかりだしで、無茶させないためにも、暇な時でいいってメールしました。

スタッフの皆さん、本当にありがとうございます。✨💖

★ソロを再発売して欲しいと思った理由は・・・

「First」のジャケットがもう色あせてて、ケースがボロボロだったので
買い替えたいかなって思ったのよ。
健ちゃんが亡くなって、それがきっかけで健ちゃんに興味を持たれた人が
増えてきたと思うのね。
だけど、初期の「Wondering」「Pale ale(これはHUNTER×HUNTERの主題歌だったから知っている人もおられるかも)」「Rock'n Roll」などは、知られてないし
名曲が多数あるので、この辺りも知って欲しいって思ったんだ。

「This Song」は、この前紹介したけど、現時点でこの曲は8cmCDかインディーズ系から出ているライブ盤「LIVE without electricity」でしか聴けません。
これ、何とかしてくれたらいいのにって思ったんです。かなりの名曲で、健ちゃんに
興味を持ち出した人にオススメするんなら「Wondering」「This Song」「Pale ale」
は、絶対オススメ。というか、健ちゃんの曲は一曲も外れがありません。
人にもよります。私からしたら、外れって言うのも失礼だけどイマイチって
感じるのが無いってことですね。

大抵、バンドが活動休止しててソロになるとしょぼくなることもあるんだけど
健ちゃんの場合は、L⇔Rだろうがソロだろうが、それぞれの良さが上手く出ていて
(多分、プロデュースした人やスタッフさんの腕が良かったのかな?)
外した感が無いってのは、珍しいケースなんだよね。

★ベタ褒めしすぎかなw でも、本当にそう思うのよ。

だから、ついて来れたんだと思うの。本人はどう思ったかは知りません。
これが見た目や音楽の方向性が、180度おかしい方向に行っていたら
恐らく、私ですらファンは続けられなかった。
後半「Focus」からリリースされたアルバムも、外れが無いというか
音楽性にあまりブレが無いっていうのは凄いことなんだよ。
それだけに、健ちゃんは音楽に凄いエネルギーを注ぎまくったわけだ。
今更こんなことを言うのも何だけど、やはり黒沢健一という
アーティストは凄すぎるってことです。それ故に、消耗しちゃったんだろうなぁ。
・・・という、私の勝手な憶測です。

改めて、健ちゃんはお疲れさまと労いたい。こういう人だからこそ、応援してて
良かったって思うんだよ。💖

アルバム「NEW VOICES」から一曲、埋め込みしておきます。

この曲に、私はかなり励まされてきました。このPV、よく見てください。

youtu.be

 

3人居ると思うけど・・・これ全部、健ちゃんが変装してるんだよ💖
そう、一人で3役やってるの。
健ちゃんの指って、セクシーで綺麗な指してるんだよね~💕✨

★プライベートな話ですが・・・

今日、仕事納めしてきました。今月は、健ちゃんが亡くなったということで
「健一ロス」に陥ってしまったわけで…。
そんな精神的にキツイ最中、一日だけショックが過ぎて休んでしまったけど
何とか出勤してきました。出勤するのが、マジできつかった。。・゚・(ノД`)・゚・。
世間では新年に向けて、忙しくウキウキする時なのに
正月よりも、L⇔RのDVDと献花の会の出席といった出来事が来月は待っているという
認識になってしまいました。(;^ω^)