読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Urara's favorite music~2nd stage~

私の好きな80年代、90年代のJ-POPを中心に音楽にまつわる緩い内容です。

Missing Piece

MOTORWORKSのアルバムの中の曲名を、この記事のタイトルにしました。
アルバムを持ってる人ならお分かりかと思うけど、何となくこの曲の
歌詞がぴったりな気がした。突き刺さるんだよ・・・(´;ω;`)
健ちゃんが居なくて寂しいってね。

MOTORWORKS ~COMPLETE BEST~」届きました。

f:id:scene45:20170428192351j:plain

石田ショーキチさんのライナーノーツが一番長いけど読みました。
スピッツ田村明浩さん、ホリノブヨシさんのも読みました。

 

★楽しくバンドをしている様子がうかがえた。

ホント、みんなで楽しくやっていたんだと思うよ。音楽性も合っていたし…
メンバーも、今思えば最強のメンバーなんじゃない?
商業的なものじゃなくて、自分らが楽しく音楽をする。
傍で見ている私たちファンからしたら、やはり好きなアーティストさんたちが
楽しそうに音楽をやっている姿を見てると嬉しいし、元気をもらえるものです。

ちょっとハードなモッズバンド。そうだね。
自分らが楽しく何かをする。やはり、楽しんでいる方向にみんな行くのは
当たり前の心理なのです。

作って録音して、全部このメンバーでやっていたんだね。
4人がガヤガヤ言って、ケンカ・・・してたのかは分からんけど
そうやって、気兼ねなく言い合える仲だからこそ出来るあの音楽。

 

★歌詞カードの最後が・・・

「Dedicated to 黒沢健一(1968-2016)」これを見て
現実を再び突きつけられた気持ちだった・・・(´;ω;`)

 

そうだった・・・健ちゃんは居ないんだった。
CDでは、あんなに楽しく歌ってるのに・・・
L⇔Rとは、違った雰囲気の音楽。だけど、健ちゃんのボーカルって
本当に心地がいい。ショーキチさんとのツインボーカルが、またいいんだよ✨

この人たちの音楽に出会えて、本当に幸せ💖

…楽しさが詰まったCDの中身を見てて、言葉に詰まった。
まだまだ、仕事や家事などの現実に戻って気を紛らわせても
時々、スマホのロック画面&壁紙の健ちゃんの画像を見てては
今でも整理しきれてない。悲しみがくすぶり続けてるって言うの?
これは、ホントにキツイ現実。他のファンの方も、こんな感じかな?

「Interview File cast」は、まだ半分くらいしか読めてないけど
こんなに素敵な人を、私はずっと忘れたくないよ。

あー・・・どう言ったらいいんだ?よく分からないや。
この記事を書いてて、また涙が止まらなくなったよ。
明日からGWの連休で、楽しいはずのGWなのに。


★CDが売れなくなった時代ですが・・・

こうやってCDを買うって言ったら、本当に好きなアーティストさんでないと
中々買わない時代になってきましたね。

だから、最近はDVDをつけたり握手券をつけたりなど
特典をあれこれつけまくってCDを売る。
あまりにも、やり過ぎ感が否めないご時世になってしまったけど
このCDは、そんなゴテゴテと豪華な特典は無い。

 

売れる売れないは別として、(やはり商売なので、売れないと意味がないけどね)
このアルバムは、心がこもったメッセージが沢山ある。
本来の音楽の楽しみ方を教えてくれるアルバムだと思った。

このアルバムをリリースしてくださって、本当に感謝したい。

日本はCDの値段が高すぎるのが、難点ではあるけど
こうやって、じっくりと歌詞カードを眺めるのも悪くない。

突っ込んだ大人の事情は、ムードぶち壊しになっちゃうので
ここでは割愛させてください。

私はiPhoneにDLしたのを、ケーブルに繋いでカーステでたまに
音楽を聴くし、今はそういう時代になりつつある。
世代的に私の子供の頃は、レコードを聴きながら歌詞カードや
ジャケットを眺めては、イメージを膨らませていた。
そんなゆったりとした音楽の楽しみ方を、いつまでも忘れたくないと思ってる。


レコードが大好きな健ちゃんに、やっぱり共感できてしまうんだよな。
あの大きくて、重みのあるLP盤。昔は、ひっくり返すのが面倒だったEP盤。
針が落ちて、あの独特のプツプツの雑音も愛くるしい。💕
何か、おかしい文章になってしまったな(ノ∀`)アチャー

明日から、また改めてゆっくりと掃除しながらも音楽を聴こうと思う。