Urara's favorite music~2nd stage~

私の好きな80年代、90年代のJ-POPを中心に音楽にまつわる緩い内容です。

スポンサーリンク

私がHear Me Nowの中でいいと思った曲3つ。

f:id:scene45:20171106184558j:plain

前の記事で、一曲ピックアップいたしましたが
一層のこと、もう3つくらい書こうかと思います。

黒沢健一さんの追悼盤とも言うべき(?)このアルバムですが
健ちゃんのアルバムが出る度に、思うことがある。

 

 

一回アルバム聴いたら、ずっと聴いていたくなる。

ソロのアルバムを聴くたびに、中毒かってくらい私は聴いてしまう。
その場を離れたくなくなるんですよ(;^ω^)
他のアーティストファンの人も、そのアーティストのアルバムが
出る度に、そうなるのかな?今日、車から離れたくなかったよw

何度も通勤時にカーステで聴くんだけど
縁のあるミュージシャンが、この度健ちゃんの代わりにボーカルを
担当された人が5人いらっしゃいます。
勿論、それぞれ素晴らしかったのです。

音楽ナタリーのMOTORWORKSのニュースに、「健一は、楽曲ばかり
クローズアップされがちで、ボーカルの評価がされにくい」みたいなのを
見たんだけど、この度でよく分かりました。
私は、評価してきてるつもりだったんだけどなぁ(;^ω^)

ライブで何度も聴いてきたから、よく分かっていたはずでした。
どんだけ健ちゃんのボーカルが迫力あるか。

今回のアルバムで、一層それが際立って聞える。

 

スポンサーリンク

では、セレクトしましょ。

  • I Need You Loving
  • A Song For Chiristmas
  • Looking Like My Player

あくまでも、私の目線です(;^ω^)つーか、セレクトするの
難しすぎ…。・゚・(ノ∀`)・゚・。3つって書かなきゃ良かったよw

どれも、素晴らし過ぎちゃって。迷ったわ。

黒沢健一ソロ名義だけど、ある時はL⇔R
ある時はモタワに…みたいに、健ちゃんが生前色々バンドやユニットの
活動をやっていた特色が出てきちゃってるんだよね。

中にはある意味貴重な音源だなと思われる、がっつりボーカルに
エコーをかけまくり~みたいなのもあったりで
とても、過去にボツにした曲とは思えないんだよね。

 

「I Need You Loving」

一番最初の曲なんだけど、健ちゃんの弟である黒沢秀樹くんが
2番の歌詞を書いていて、ボーカルもしております。しかも兄弟デュエットのように
なっちゃってる感じですね。キャッチーな感じなので、ラジオで
リクエストかけてもらうなら、これかなって思いました。
兄弟で才能あるって、素晴らしいもんだなぁ(人´∀`).☆.。.:*・゚

これ聴いた時に、思わず「健ちゃん、お帰りなさい💖」って言葉が心に浮かんだよ。
この世に居ないのに、不思議だなぁ…。

 

I Need You Loving

I Need You Loving

  • provided courtesy of iTunes

 iTunes↑に、これだけはあったので埋め込んでおきますね。

 

「A Song For Chiristmas」

今年のクリスマスソングは、これに決まったな。
「Northtown Chiristmas」L⇔Rの)が定番化しちゃってるけど
また、新たなクリスマスソングが出来たね。
しんしんと雪が降っていて、穏やかな感じだけど
何だろう?懐かしい感じがしたんだよね。子供の頃を思い出すかのような…
60年代っぽい感じにも聞こえる。バラード曲です。

歌詞が無い、ただラララ~🎶って歌ってるだけなのに
無垢な気持ちになれるんだよね。いやぁ~不思議だ。🎄✨

「Looking Like My Player」

この曲は、元々モタワの曲として出そうとしたようですね。
石田ショーキチさんがボーカルを担当しているけど、これが
かなり良かった。疾走感を感じる一曲。
いやぁ~カッコイイよ、これ💖

スポンサーリンク

コアなファン向け?

この度のアルバムは、恐らくコアなファン向けに創られたのかもね。
健ちゃんのボーカルオンリーではないから。
ライトなファンの方がこれを聴いたら、どう思うかですよ。
「この場所から」の詞を見たけど、正に再出発を…なのか
それともこれって…?これ以上は、CD買って確認しましょう。

kuroken68.free.makeshop.jp

つくづく、惜しい人が居なくなったもんですなぁ。
曲が…ボーカルが良すぎて、神様が「この人の曲、聴きたい!」って
欲しくなったのかなぁ。天国って、そんな夢のような世界なんか
どうかは知りませんけどね。ウチラが死ななくては分からんわな。