Urara's favorite music~2nd stage~

私の好きな80年代、90年代のJ-POPを中心に音楽にまつわる緩い内容です。

スポンサーリンク

一層のこと、Hear Me Nowの曲全部のことを書こうか。

f:id:scene45:20171106184558j:plain

「私がHear Me Nowの中でいいと思った曲3つ」という記事を書いたけど
最初から全部書けよって話だなwww

全部いいと思ってるんだから。
あまりにも良いので、他のもざっと書きますね。

 

全部で、16曲あるんだけど…
前書いた曲4曲は省くので、あと12曲私目線で感じたことを書きます。

その4曲は↓こちらの記事にございます。

scene45.hatenablog.com

scene45.hatenablog.com

黒の太文字か、画像をクリック(タップ)しましょう。
今回は文章が少し長いです。PCは続きを読むが付いていると思います。

 

 

色んな黒沢健一さんがそこに居ます💕

収録曲順でいきましょう。今回は、英語の歌詞が多いです。

「Baby You Are Mine」

最初の歌詞を見てて、ナンパ男の歌か(;^ω^)と。
基本、全体的に60年代の洋楽っぽい…(フィル・スペクター風多し)
感じですが、これもそれっぽさ全開ですな。

「Hear Me Now」

これだけ、健ちゃんの声がやけに若い感じだったので
(若い頃の健ちゃんは、ファルセットがめっちゃ綺麗だったんだよ)
声が違った晩年より前の物だなってのは、判っていたけど…

feature(オフィシャルブログ)での江口さん

(…か誰が書いたのかは知りません(;^ω^))の解説を見て納得。
ソロデビューして間もない辺りに制作されたらしいね。
ビーチボーイズの「God Only Knows」っぽい感じよね。
リズム的に。

「Fontana」

アメリカロサンゼルス郊外にある地名をそのまま取ったらしい。
曲調が、フィルスペクター風。これもメロディーがキャッチーでいいよね。

 

「Reason For Your Smile」

長いことバンマスやってて、健ちゃんと一緒に仕事をされた
遠山裕さんがボーカルをされています。

かなりベタな感じのラブソング。これを創った当時に健ちゃんが歌うと
ああ、そんな経験があったのね…ってドキドキしちゃう。(ノ´∀`*)
だけど、今は遠山さんが健ちゃんに捧げているように聞こえます。

 

Winds Blow(demo)」

これを聴いてて思った訳よ。健ちゃんのボーカルと曲で。
改めて彼が天才だと感じた一曲。迫力ある上に、この曲は彼だけの物だと。
ゆったりしたバラードだけど、かなり迫力あります。

恐らく、彼にしか作れない歌えない作風だと思います。
しかも、これがデモテープそのまんまって言うから、驚いたわΣ(・ω・ノ)ノ

この歌詞にあったジャケット写真の赤いシャツ。
ビルボードライブの時に茂さん(KACTUSの茂村泰彦さん)が言っていた
「サイズが小さかったので、健ちゃんにあげたらサイズがぴったりだった」という
あのシャツだなって。似合ってるなぁ(人´∀`).☆.。.:*・゚

 

スポンサーリンク

まだ続きます。

「Please My Baby Tonight」

タイトルだけ見たら、またナンパ男の曲?(;^ω^)って思う。
これも、MOTORWORKS向けに創られたようですね。

「Don't Let Bring You Down」

サビのメロディーが、心地いいよね。女性が歌っても、抵抗ないんじゃないのぉ?
と思ってしまったが、歌詞を見てて意味を知って
これは高めの声の男性ボーカルが合う曲だなって。

 

「Shake It Back!」

ロックンロールな一曲だけど、徳山秀典くんがメインボーカルを
していますが、私は徳山くん向けに創ったんじゃないの?と
思えたよ。徳山くん名義にしてもおかしくないよ、これ。

それくらい、イメージがピッタリでした。

 

「Rainin' in My Heart」
「いいと思った曲3つ」の記事に、これを入れようかどうしようか
迷ったわけよ。歌詞があまりにも良かったから。

JFNのラジオ番組「A.O.R」でも、この曲かけていたけど
ファンの間で、人気が高い一曲になると思います。

この曲聴いて励まされる人が出る予感💖というか、多分私が世話になるかも。

「Good Night」

アコギだけの静かなバラード曲です。だけど、切ない歌詞だなぁ(;^ω^)

「45's Love Song」

レコードLove💖の健ちゃんだったので、45回転から名付けたらしいけど
この後半の音源がL⇔Rの前身バンド「ザ・ラギーズ」の音源ならしいね。
今回の音源の中でも、一番古いものなんだと思います。
ラギーズの音源持っているんだけど、これは持ってなかったので
この時から既に、健ちゃんはプロの風格があったと思うわ。

前半は、きーちゃん(木下裕晴さん)一人で演奏してるんだよね?
何気にきーちゃんの凄さを改めて知った一曲でもある。

 

スポンサーリンク

切ないシーンに使えそうな曲。

「19 Aug.1987」

1987年8月19日を、英語表記にしただけというタイトルですが
この曲を聴いてて思ったこと。これ、ドラマのワンシーンか
CMに使えそうな感じだよね。歌詞がなくてラララと歌ってるだけだし。

切ない感じなので、恋愛ものでもいいんだけど、全世代向けにするなら
何かを失った人が主人公で…それまであった物を失って、悲しんで
少しずつでも前に進もうとしようとしているシーンとか。

「失って何かを学ぶ」というシーンが出来ると、私なら
そういうストーリー書くかも知れないな。(小説を昔書いていたので)

 

たかが一個人の独り言に付き合ってくださって
ありがとうございます。勿論、ただの自己満で書いてますので(;^ω^)
年末年始、これを聴いて仕事を乗り切るぞぉ~(* ̄0 ̄)/ オゥッ!!