Urara's favorite music~2nd stage~

私の好きな80年代、90年代のJ-POPを中心に音楽にまつわる緩い内容です。

スポンサーリンク

ちびまる子ちゃんの定番ソング。

ちびまる子ちゃん (1) (りぼんマスコットコミックス (413))

懐かしいなぁ…単行本がリリースされた時は、私が20歳前くらい
だったと思うけど…一時期買い集めてました。

 

来月発売のりぼんに、追悼特集。

私は雑誌単位で、マンガを買わないタイプでして…
これは、来月「買い」だと私は思ってます。
初めてになりそう…りぼんを買うのは。奇しくも、さくらさんが亡くなられて
買うことになってしまうとは、思いもしなかったけど(;^ω^)

natalie.mu

黒い太文字を↑クリック(タップ)してください。
今月8日に、発売されるようです。
ニベアクリームの50周年記念のパッケージデザインを
さくらももこさんが担当されてて、それが彼女の遺作と
言われてますね。

www.kao.com

ニベアクリーム自体は、ドイツで古くからあるけど
日本では、花王から50年前に発売されるようになったわけやね。

☆いつも思うけど…

西城秀樹さんの時もそうだったけど、歌手や漫画家の方のように
何かを遺せる人が亡くなると、その過去に発売された物が
飛ぶように売れる現象があります。
古くだと、尾崎豊さんやZARDなど…。

その場に居ないというのがあってか、二度と手に入らないかも知れない
欲しくなる心理が働くんだと思うんだよね。
さくらさんデザインのニベアは、限定品だしね。
過去に、好きだったモノがあって
それを作っていた人が亡くなると、また欲しくなったり。

だからといって、私はそれを否定はしないね。
亡くなってから、その人の良さを知るということが
あってもいいと思ってます。

だってね、西城秀樹さんは世代的に
私は「ハウスバーモントカレー」のCMのお兄さんて
イメージと、新御三家で人気があったということしか
知らなかったわけですから…(;^ω^)

 

スポンサーリンク

 

本題:ちびまる子ちゃんの定番ソング。

この前の記事は、ちょっとマニアックな感じの曲ばっかりで
「これじゃない!違う!!」って、読者の方を苛つかせる
選曲だったので、定番のを埋めましょう。

この2曲が無いと、話になりませんので。

youtu.be

初期のちびまる子ちゃんのOPソング「ゆめいっぱい」です。
聞いてみたけど、確かにいい曲です。
歌ってるのは、関ゆみ子さん。
当時、どっかの子供が口ずさんでいるのを聞いたこともあったけど
夢が溢れている歌詞で、子供心をくすぐられてしまうと思うのね。

youtu.be

そして、これが無いとね。BBクイーンズの「おどるポンポコリン」
これ、宴会とかでカラオケで歌うとウケがいいんだよね。
このアニメのオープニングが、またかわいくて美味しそうw
これ、E-Girlsも最近歌っているようですが…
私はこっち派ですなぁ。

☆エンディングで、かなり耳につくこの曲。

 

youtu.be

アララの呪文です。これは、最近だよね。調べたら
2004年~2012年にオンエアされていたようです。
何気に、これ好きなんですよ。作詞がさくらももこさんで
作曲は岡本真夜さん。

歌詞をよーく聞いてみると、いい歌詞なんだよな。
さくらさんの才能が窺える感じもします。
子供にもウケるように、テンポがいいのと
分かりやすいんだけど、実は奥が深い感じ。
大人でも聴いてて、励まされる一曲なんじゃないでしょうか。
私のイチオシが、この曲なんです。オススメいたします👍

 

 iTunes Storeにありました。

 

アララの呪文

アララの呪文

 

 

amazonにもあったけど、CDだとかなり高くつきます(;^ω^)
中古で、3407円って…高いなぁ。

 

まるまるぜんぶちびまる子ちゃん

まるまるぜんぶちびまる子ちゃん

 

 

 ガッツリと聴くなら、こちらでしょうね。過去のソングが
殆ど詰まっておりますので。お得な一枚と思います。

スポンサーリンク

あれから、自分のことになりますが…

前回の記事にて、私自身もがん検診で異常が見つかったと
言いましたが、再検査の結果はがんではありませんでした。
ホルモンの関係で出来る、乳腺嚢胞ってヤツ。しかも、小さいとのこと。
要するに、分泌物が溜まる袋みたいなヤツが見えたということです。

さくらさんの訃報があったので、気が気ではなかったけど
経過観察ってことで、2か月後に再び検査になりました(;^ω^)
私の場合は、更年期で投薬治療してるのが関係してるっぽい。

男性でも、乳がんになる可能性はありますので
しこりとか、痛みが気になるようでしたら、出来れば乳腺の専門病院に
行かれることをオススメいたします。