Urara's favorite music~2nd stage~

私の好きな80年代、90年代のJ-POPを中心に音楽にまつわる緩い内容です。

スポンサーリンク

「亡くなったアーティストのファンをする」と、いうこと。

 V.S.G.P

月命日なのでね…久しぶりに、この人のことを書こう。
あんまり辛気臭い内容もね(;^ω^)健ちゃんも嫌だろうしね。
興味ない人は申し訳ない…。

 

亡くなって今年で3年経つのか…黒沢健一さん。
48歳の若さで、彼は亡くなりました。
判らない人は、L⇔Rというバンドをご存じなら一発で
判ると思います。ボーカルの人です。

 

新曲リリースや、ライブが無い。

本人はもう居ないので、新曲を聴いたりライブに行くと
いった、直接な応援が出来ません。

たまに、東京カルチャーカルチャーでイベントを開催する
以外では至ってなにもないので、このイベントは殆ど東京在住の
人向けだと思っているので、私は顔を出すことは無いし。

 

応援の仕方が、生前当時とは大きく変わります。
亡くなってしまったので、応援するのを辞めた人も
多分居ると思う。

 

だけど、私はもし彼が亡くなっても私なりに
ファンは続けようって思ったので、今でもファンをしている。

 

テレビに出演するわけでもなく、ラジオでコメント出演すらない。
「そんなので、ファンなんかやってもしょうがないだろ。」
興味がない人からすると、そう思われるかも知れない。

他にも、バンドやアーティストなんて腐るほど居るじゃないか。
…そうなんだよね。

彼の生前からだけど、勿論色んなアーティストさんの曲を
聴いたり、ここでも紹介したりしてますしね。
ごく最近のから、50年代くらいの古い物まで聴いたりしている。
ガンガン他のバンドや、アーティストのライブも行っている。

だけど、最終的に戻って来るのが私は黒沢健一さんであり
L⇔Rの曲になってしまうんだよね。
結局、ここに戻って「また聴きたい」って思う。

 

スポンサーリンク

「有名人は2度死ぬ」と、以前言いました。

生前、ファンとしてライブに行ったりした時に無い
応援の仕方なのかな。

過去にリリースしたアルバムや、DVDを見て
あの頃はこうだったなって、振り返る。

そして、楽しかった頃を思い出す。

それが平成が終わろうが、令和になろうが
初めて本気で応援した人のことを、忘れたくないから。

f:id:scene45:20170323224144p:plain

いつまでも、心に残っている思い出がある限りは
以前も話したことがありますが、健ちゃんは死んではいない。

「有名人は2度死ぬ」と言われるけど、一つは本人の肉体。
もう一つは、ファンの人が「存在を忘れること」なんだよね。

 

「そんなの綺麗ごとだ!」って、言われるかも知れないし
正直、痛いファンだなって思われるかも知れない。
痛いファンなのは、自分でも判ってるw

綺麗ごとでは済まない裏側のことも、沢山あるだろうとは
思う。それも承知の上でね。

 

こんな曲を歌ってました。

youtu.be

知らない人の方が、今は多いかな…知っている人は、知っている。
もう一回埋め込んでおきます。
L⇔Rでは、最大のヒット曲。1995年の曲です。「Knockin' on your door」

ドラマ「僕らに愛を」の主題歌です。

ノックの音は、バスドラムと健ちゃんがガンガンと足で蹴った音を
ミックスして出したと、生前のコメント出演した番組で言ってました。

 

KNOCKIN' ON YOUR DOOR

KNOCKIN' ON YOUR DOOR

  • provided courtesy of iTunes

 

 

KNOCKIN' ON YOUR DOOR

KNOCKIN' ON YOUR DOOR

 

 

スポンサーリンク

ソロでは、こんな曲を歌ってました。

 

これが一番有名かな…アニメ「HUNTER×HUNTER」の
テーマソング。「Pale ale(ペールエール)」

↑このバージョンは、セルフカバーのバージョンなので
オリジナルのような疾走感はないし、声が低めです。
晩年の作品です。

これは、シングルCD丸ごと聴くのがオススメです。

 

PALE ALE

PALE ALE

  • provided courtesy of iTunes

 こっちがオリジナル↑。

 

Carry On

Carry On

  • provided courtesy of iTunes

 カップリングが、この曲↑なんだけど
私はこっちの方が好き。💕「Carry On」
スマホの着うた(自分でデータを作った)が
これです。


いつもライブで、アンコールやる時に
健ちゃんは「曲、何にしようか」と悩んでいる時は
「Pale ale」を、決まって歌ってくれました。

 

こういうライブをやっていたという例↓

youtu.be

「All I Want is You」。これはアルバムの中の曲。
この曲には、随分と励まされたなぁ。
上の「Pale ale」もだけど、この2曲は同じアルバムに
収録されております。

NEW VOICES

NEW VOICES

 

NEW VOICES(UHQCD)

NEW VOICES(UHQCD)

 

 

「NEW VOICES」というアルバム。3rdアルバムですね。

この頃は何をしていたとか、不思議とその頃に戻れるので
音楽って、本当に素敵だよね✨

 

締め。ギュッ。

何か異様に気合い入れて書いた感が
あるかと思いますが(;^ω^)…

ドン引きされるかも知れないけど、時にふらっと
思い出す程度で、聴きたい時に聴いて
映像が見たい時に見るという感じです。

思い出の品々は、まだ捨ててないし。
非常に貴重ですが、彼自身が携帯から撮った
動画も削除してない。

未だに、ガチの直筆サインは置いてあるわけで
眺めては懐かしむ。そんな感じですね。

f:id:scene45:20161207202650j:plain

それが「何でこんなに必死になってるんだろ?」って
虚しさとか楽しめないとなったら、そこで終了だと思う。

思い出すと、時々まだ泣けてくるんだよな。・゚・(ノ∀`)・゚・。
令和の元号になっても、健ちゃんの曲はまだまだ聴きますよ。 
今頃、天国で何やってんだろうねぇ~?