Urara's favorite music~2nd stage~

私の好きな80年代、90年代のJ-POPを中心に音楽にまつわる緩い内容です。

スポンサーリンク

【ネタバレ注意】Let it be(ビートルズトリビュートバンド)@ルネッサながとレポ(2)

f:id:scene45:20191008185256j:plain

↑無料で配られたパンフ。ライブに行くと、会場で
チケットのもぎりをした後、他の公演の告知チラシを
数枚もらうんだけど、その中に入っていました。

因みにルネッサながとの会場は、私自身
何回か行ったことがあります。

しかし、ホールに入るのは…この度が初でした。
この会場は、元々歌舞伎の公演が多いので
それっぽい作りなんだけど…そこにですよ!

洋楽のロックのライブが入るってのも、ミスマッチだけど
いい味出してますw

で、続きです。

 

 トリビュートバンドだから出来ること。

第二幕になり、ここからは調べたんだけど
初の試みのようで、冒頭で英語のナレーションが最初に
入りました。

要約すれば、「メンバーの間で、色々あったんだけど
ビートルズ時代の曲も、各々のソロ曲も取り込んだ
1980年10月9日のジョン・レノンの誕生日の
ための再結成を想像してみなさい。」ということなのだ。

因みに、ジョン・レノンの命日は1980年の12月8日。
そう、ここからは各々のソロ曲を披露してくれたのだ。

・Because
・Got to Get You into My Life
・What Is Life
・Starting Over
・It Don't Come Easy

この中から一曲。埋め込んでおきます。

youtu.be

「(Just Like) Starting Over」ジョン・レノンのソロ曲です。
imagineと、どっちにするか本気で迷った(;^ω^)
どっちも好きなだけに…。

 

スポンサーリンク

それぞれの曲を、受け入れる感じ?

・Band on the Run
・Watching The Wheels
・My Sweet Lord

ここで一曲。

youtu.be

「My Sweet Lord」ジョージ・ハリスンの曲です。
ジョージ・ハリスンソロも、いい曲多いよね。

ビートルズのメンバーは、全員好きなんだけど
この歳になって一層、ジョージ・ハリスン
音楽の良さを感じるようになったな。

 

・Blackbird
・Here Comes the Sun
・Imagine

そうなんだよな~ビートルズのメンバーって
全員ボーカルが出来るのが凄いよね。

ライブの感じは…
「色々あったけど、各々のソロ曲をそれぞれがボーカル取って
それを受け入れて、認め合う感じ」に仕上がっていたね。

 

さ~て!クライマックス。

ここからがクライマックスのようで
ジョン役の人、「立って!」と促す。

客席はご年配の方が多いせいか、
些か疲れているようにも
見えてて、座っていた人も居たけど
それでも、大盛り上がりでした(^ω^)

・Slow Down
・Long Tall Sally

・Live and Let Die
・While My Guitar Gently Weeps

(アンコール)

・Back in the U.S.S.R.
・Let It Be
Hey Jude
ラストのHey Judeで、みんなでワイパーを
やりました。(両腕を上げて、車のワイパーのように
動かす動作です。)それはいいんだけど…(;^ω^)

 

ここで、恥ずかしいハプニング。

スタッフの人かな?あれは…
何と、気が付いたらカメラを構えて
客席を撮っていたのですw

それがスクリーンに映し出されているでは
あーりませんか!(ノ∀`)アチャー

私の姿も、バッチリ撮られてましたw
あれはねぇ…ちょっと恥ずかしい(*ノωノ)
ノリノリで、ワイパーをやっている姿をね。

ラストで、最前列の人が握手してもらっていたけど
羨ましかったなぁ。

 

スポンサーリンク

締め。ギュッ。

会場のあの辺は、電車の本数が少ないせいか
殆どの人が車で来てるので、会場を出るのが
大変でした(;^ω^)

 

でもね、たかがトリビュートバンド
されどトリビュートバンドでした。
良い意味でね。

ただ、コピーするだけじゃなくて「もしも…」の
そういう想像力をかき立てる方に持って行った
発想がね…これ思いついた人は、凄いと思います。

コアなファンで、このバンドのライブを何度も
行ってる人だと、もっと辛口な意見が出るかも知れませんが
私は初だったので、(しかも、海外のバンド自体が初)
満足して帰りました。

あそこまで来ると、ビートルズの曲なのに
あの人ら、自分たちの物にしちゃってるのを
時折感じるんだわ。

やっぱり、聴いてて本物とは「あ、違うな」って
いうのは判るんだけど、あそこまでの
臨場感を感じさせるって、凄いことなんだよね。

まだ、余韻を感じているので楽しみたいがために
カーステで、ビートルズ聴きまくりですよww

不便な場所なのに、Let it beのメンバー及びスタッフの
皆さん、いいライブをありがとうございました。
思った以上に良かったです。

あ、レポはここで終わりです。お読みくださいまして
ありがとうございました。