Urara's favorite music~2nd stage~

私の好きな80年代、90年代のJ-POPを中心に音楽にまつわる緩い内容です。

スポンサーリンク

アラフィフの私が、今時のバンドやグループでいいと思ったのを紹介しますね。(6)

to the MOON e.p. (CD+DVD)

このシリーズも、意外と続いております。
昨日、ラジオでかかっていたのも含めて2バンド紹介。

 

祝・紅白歌合戦出場。

この人らはね…間違いないわ。大抵、紅白の人選って
よく分からん人が多いんだけど、今年ブレイクしたし
最近のバンドをラジオで知る私ですら、納得が行く人選。

私もこの人らの曲は、良いと思ってます。


Official髭男dism - イエスタデイ[Official Video]

ヒゲダンこと、Official髭男dism。
今年最もブレイクしたバンドと言っても、過言ではございません。

「イエスタデイ」です。こっちの方を、iPhoneipodライブラリに入れてます。
スーパーの有線放送でも、よくかかっていたし。

イエスタデイ

イエスタデイ

  • provided courtesy of iTunes

 

最初、このバンドの名前見てギョッΣ(・ω・ノ)ノとしたけどw
音楽は、凄くいいよね。ピアノのサウンドもだけど
ストリングスのサウンドがいい味出してる。
私はこっちが好みだな。若い人にありがちな感情をよく表現してる。

 

こっちも、かなり有名な曲。


Official髭男dism - Pretender[Official Video]

「Pretender」です。こっちもいい曲だね。
やっぱり、ボーカルの声とかサウンドとかイメージに合ってると
ブレイクしちゃうものなんだなって、思うわ。

 

Pretender

Pretender

  • provided courtesy of iTunes

 

この人らのことを、調べてみた。

Official髭男dism(オフィシャルヒゲダンディズム[1]、英: Official HIGE DANdism[2])は、日本のピアノPOPバンドである[3][4]。2012年結成。

所属事務所はラストラム・ミュージックエンタテインメント[5]。

レーベルはポニーキャニオン

公式ファンクラブは「BROTHERS」。略称および愛称は「ヒゲダン」。
藤原(Vo.&Pf.) が島根大学在学中、同じ軽音楽部だった
楢崎(Ba.)・松浦(Dr.) と、学外で仲が良かった
小笹(Gt.Cho)に声をかけ[注釈 1][注釈 2]、2012年6月7日結成。

バンド名の由来は「髭の似合う歳になっても、誰もがワクワクするような
音楽をこのメンバーでずっと続けていきたい」という意思が込められている。

Official髭男dism - Wikipedia より引用。

 メンバーの出身地とかも載っていたけど
島根県出身と、鳥取県出身、広島県出身の人で構成されている
ようですね。

バンドの名前の由来は、これは有名ですよね。
是非とも続けてもらいたいと思います。

もう一曲埋め込みましょう。


Official髭男dism - ノーダウト[Official Video]

 

「ノーダウト」です。最近の声の加工って、こんな感じの多いね。
スーツ姿で、演奏してるスタイルって
なんでこうも萌える(死語)んだ?

スポンサーリンク

ラジオでかかって、サウンドに一目惚れ。

これもまた、いいね。昨日ラジオでかかってて
Spotifyで探して、聞き入ってしまった。

というか、音楽に惚れるのを「一目惚れ」って表現も
変かな(;^ω^)何て言うんだろ?「一耳惚れ」?w
そんな日本語は無いけどさ。


Yogee New Waves - to the moon (Official MV)

これが昨日、FM山口の番組「Ride on music」でかかってました。
誰の曲だ!?と、衝撃が走って調べたら

Yogee New Wavesというバンドの曲だったと。
「to the moon」という曲でした。

 

to the moon

to the moon

  • Yogee New Waves
  • ロック
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes

 

ここから、聴き漁ってこれはいいなと感じました。
Suchmosとか、ceroとかその辺が好きな人だと
受け入れやすいかも知れませんね。
実際、Suchmosと対バンするくらい仲がいいらしいし。

ティーポップ系かな?

私らアラフィフだと、80年代のシティーポップが好きな人は
このバンドのサウンドは、かなりグッと来るものがあるかも。

ギターやベースが上手いバンドは、やっぱり売れるね。
このバンドは、ギターのサウンドがいいなと思った。
エフェクトの利かせ方が、上手いね。

大体が、爽やかな夏っぽい感じが多いけど
これだと、夜のドライブのBGMにいいね。
さらっと聴ける感じで、邪魔にならなさそうだし。

もう一曲埋め込みましょう。


Yogee New Waves / CAN YOU FEEL IT (Official MV)

去年のポカリスエットのキャンペーンソングで
「CAN YOU FEEL IT」です。これも、爽やかでいい。

CAN YOU FEEL IT

CAN YOU FEEL IT

  • Yogee New Waves
  • ロック
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

夏に聴くと、暑さを忘れさせてくれそうですね。
「来世でまた会おうか」って歌詞が、すごく印象的だな。


ボーカルの角舘健悟さんは、私立恵比寿中学にも楽曲提供してますね。


Yogee New Waves / DOWN TOWN

↑これはシュガーベイブのカバー曲だけど「DOWN TOWN」です。
影響受けてるのかな?彼らは。

これ聴いても、声質違うのに違和感感じないのが凄い。

Yogee New Waves(ヨギー・ニュー・ウェーブス)は、日本の
ロックバンド。

Yogeeの由来はマハリシ・マヘーシュ・ヨーギーから。

2013年6月に角舘健悟(Vo, G)と矢澤直紀(B)
(2017年1月脱退)を中心として結成。
2人は小学校時代からの幼馴染であり高校時代より
ファンクバンドなどで共に活動していた。

SUMMER SONICの「でれんのサマソニ2013」の
選考ライブで初ライブを行い、最終選考に選出される。

同年9月に出演したイベントの対バンGISANのメンバー
粕谷哲司(Dr)と松田光弘(G)(2015年5月脱退)が加入[1]し、
同年11月に自主製作e.p『Climax Night』がライブ会場のみで
発売されるも初回生産分は即完売となる。

Yogee New Waves - Wikipediaより引用。

売れるのも判る気がする。一回聴いてて、良いと思うのは
中々無いからなぁ。

 

BLUEHARLEM (通常盤)

BLUEHARLEM (通常盤)

 

 ↑Spotifyでこのアルバム聴いたけど、これも良かった。
CDをお求めなら、こちら。

スポンサーリンク

締め。

 というわけで、この記事はアラフィフの私が
今時のバンドでいいと思った2バンドを紹介しました。
年末になって、いきなりいいバンドを知ったのは
ラッキーだったな。