Urara's favorite music~2nd stage~

私の好きな80年代、90年代のJ-POPを中心に音楽にまつわる緩い内容です。

スポンサーリンク

1995年の思い出に浸かる&ネットの海におぼれて過ごす。

Let me Roll it!

お題「#おうち時間」ということで、久々にお題に乗っかってみる。
コロナ騒動で、外出が困難になっている状況で
あちこちで#StayHomeという文字が躍っております。
って、文字が勝手にダンスを…そんなワケはありませんのでw

それはさておき…私のおうち時間は「オタク時間」とも言えますw

先週の土日共に、L⇔Rにどっぷりだった私。
Twitterでフォロワーさんたちのツイートで知ったことが
多くてね。お蔭で、幸せな朝を迎えました💖

 

 

土曜日は、成瀬英樹さんのラジオ。

兵庫県ネットラジオRadiCroにて、成瀬英樹さんのラジオ番組
成瀬英樹POPAtoZ」というのがありまして、現在3週に渡って
黒沢健一特集をガッツリやってくれてます。

www.radicro.com

この番組は、アルファベット順にそのアルファベットがつく
アーティストの特集を組んで、そのアーティストさんの魅力を引き出す
番組構成になっているんだけど、この番組がね…他では聞けない
感じの印象でした。
因みに、ネットラジオなのでネットを繋ぐ回線があればどこでも
聴くことができます(^ω^)

スマン(;^ω^)…それを↑この前書くのを忘れてたw

第一週目が、黒沢健一作品集としまして健ちゃんが過去に
他のアーティストさんに提供した曲を紹介してました。

徳山秀典藤木直人森高千里永作博美稲垣潤一
南野陽子島田奈美(順不同)


この7人の曲を取り上げていたけど…私的には千秋のも取り上げて
欲しかったかな…こうやって見れば、多数提供してきたんだよな。


そして、先日第二週目は、黒沢健一カバー集
過去に、健ちゃんがカバーした曲を原曲と聴き比べをしてみようと
いう構成でした。これがね…本当に良かった。
過去に健ちゃんは、萩原健太さんと「健’z」という
洋楽のカバーユニットをやっていたんですね。
ここまでガッツリと取り上げた番組なんて他に無かったんです。

健’z

健’z with Friends(紙ジャケット仕様)

 生でも、彼の生前にカバー曲を聴いたことがあったけど
本家以上じゃね?ってのが、結構あるんだよな。

第三週目は、リクエストを募っていたような…。
リクエスト出そうかな…。

 

スポンサーリンク

この画像が流れてきた。

これ、公開してもいい…んだろうね。でないとTwitterに上げないわな。
健一ファンの方々から、「また行きたいカルカルイベント」と
ハッシュタグをつけてツイートしていたようで、スタッフさんを
気遣う声があったらしい。

そして、東京カルチャーカルチャーさんのアカウントが
フォロワーさんからリツイートで流れてきたのをキャッチしました。

 未公開の画像だそうな。このイベント行ったことが無かったけど
憧れていたイベントだったのでね…
流れてきた時は、つくづく行きたかったなと。
チケットが取りにくいから、はなから諦めてチケットを取らなかったのを
大後悔してるよ。・゚・(ノ∀`)・゚・。

それで、皮肉にも健ちゃんが亡くなった後の献花式に初めて
東京カルチャーカルチャーに行くとは思わなかったけどね(;^ω^)

楽しそうなイベントだってのがよーーく伝わります。
これが2011年。

 

そして、昨日このラジオ番組にて。

 

草野マサムネのロック大陸漫遊記。

JFNの毎週日曜日に放送されている、スピッツ草野マサムネさんの
番組なんだけど、昨日は「1995年・勝手にライバルバンドで漫遊記」
だったわけで…
「これ、絶対L⇔Rが出てくるヤツだ!」と感じる
ファン多数だったことでしょう。

www.tfm.co.jp

 案の定、いきなりトップバッターで出たw
スピッツを除いて、取り上げられたバンドがこちら。

M2: KNOCKIN' ON YOUR DOOR / L⇔R

M3 : ズルい女 / シャ乱Q

M4 : ガッツだぜ!! / ウルフルズ

M5 : Over Drive / JUDY AND MARY

M6 : 太陽が燃えている / THE YELLOW MONKEY

M7 : DESIRE / LUNA SEA

M8 : ピーターパン / Baku

 どれも、当時を思い出させてくれます。
そのバンドバンドで、マサムネくんがコメント挙げてくれたけど
L⇔Rは94年に売れ出したので、マサムネくん
ちょっと嫉妬気味だったとかw羨んでいたらしい。
「当時の俺は若かったからなぁ(;^ω^)」って仰ってました。

でも、スピッツもいい曲書いてるやん!ってツッコミたかったけどw
しかも、長年売れてますやんw
最後はちょっと時を戻して、BAKUが来るとは思わなかった。
よく考えてるわ、この番組。ただ95年だけを流すんじゃなく
意外なのを持ってくるのが、この番組の特徴です。

 

ここで、2曲お送りしましょう。

 シャ乱Q「ズルい女」
今となっては、この当時は沢山いいバンドが居た時代。
これらを聴けていた時代を過ごせたことが、どんなに幸せか…
武漢肺炎で大変な中、感じているよ。


もう一つは、やっぱりスピッツ


スピッツ / ロビンソン

以前も取り上げたけど、やっぱりこれだろってこと。
「ロビンソン」は、やっぱり名曲。
本当にいい時代だったんだなって、改めて感じた。

 自分のを埋め込むけど、正にこれなわけで。
20代で、色々音楽にドはまりしてライブに行きまくったことを
思い出しました。この当時はまだCD全盛期で、CDを沢山買った。

バンドまでした。当時25歳で、会社員をしながら
音楽雑誌を買いあさったり、福岡県にまで出てレコードを見に行ったり
この頃が、私は青春真っ盛りだったからなぁ。

10代はお金が無かったので、それが出来なかったので
社会人になって、初めて自分の稼いだお金で自分の好きなことを
するという贅沢さを知ったのであります。

スポンサーリンク

締め。

今日は、「私のおうち時間」をお送りいたしました。
要するに、私はおうちでラジオとTwitterにかじり
ついていたってわけですw

Twitterを再開してなかったら、多分知らなかった情報ばかりです。
突然奇跡がそばに近づいて
答 教えてくれた…んだね✨(←L⇔Rファンでないと分からんシャレw)

健ちゃんに、亡き後になってまで助けられたような感じです。

最後に、これを埋め込もう。


スピッツ「醒めない」(DVD&Blu-ray『SPITZ JAMBOREE TOUR 2016 “醒 め な い”』より)

スピッツ「醒めない」です。ロック大陸漫遊記のテーマソングだね。


まだまだ醒めない アタマん中で ロック大陸の物語が
最初ガーンとなったあのメモリーに 今も温められてる
さらに育てるつもり

カリスマの服真似た 忘れてしまいたい青い日々
でもね 復活しようぜ恥じらい燃やしてく

(Lycs by:草野マサムネ


正に、今の私の状況がこんな感じです。楽しかった時を思い出して
その頃の気分とは違った当時を振り返るのも
良い時なんじゃないでしょうか。

武漢肺炎(新型コロナウイルス)は恐いし、感染したくないけど
それを悲観ばっかりせず、逆に何が出来るか?を、考えるのも
良いチャンスだってことです。

さて、お昼ご飯にします。