読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Urara's favorite music~2nd stage~

私の好きな80年代、90年代のJ-POPを中心に音楽にまつわる緩い内容です。

私の好きなトーレ・ヨハンソンプロデュース曲。

先週から、喉が痛くて…5月って意外なんだけど、風邪引きやすい時期
なんだね(;^ω^)いやぁ…しんどかった。これをお読みの皆さん
気を付けましょう。

90年代は音楽の全盛期で、私自身音楽を貪るように聴いてました。
丁度、私自身はバンドやらやっていた時でしたね。
仕事以外は、音楽にどっぷり浸かっていた状態w
私がL⇔Rにドはまりしていたのは、このブログをご覧になればご存じですが
90年代後半になるにつれて、私はスウェディッシュ・ポップにも
ドはまりした時期。その90年代中盤~後半辺りに
ブームになったのが、スウェディッシュ・ポップ。

スウェディッシュ・ポップといえば、トーレ・ヨハンソン
彼がブームの火付け役です。
スエディッシュやら、邦楽などの総じてのCD枚数は
この当時、100枚超えていたっけ。集めるのが好きだったねぇ(^ω^)

 

★一体、何者か?

では、トーレ・ヨハンソンさんとはどういう人物かです。

トーレ・ヨハンソン(Tore Johansson、1959年11月6日 - )は、
スウェーデンのマルメ在住の音楽プロデューサー。
かつてはスウェーデンローカルのミュージシャンであったが、1994年にプロデュースを手がけたカーディガンズのデビュー・アルバム『エマーデイル』で世界的に名を広めた。日本でもカーディガンズセカンド・アルバム『ライフ』がヒット、スウェディッシュサウンドで一世を風靡した。

トーレ・ヨハンソン - Wikipedia より引用)

カーディガンズのアルバムは、それでこそ良く聴いてました。
この当時は、とにかくオシャレな音楽に憧れていたっけ。
当時のL⇔Rファンの人との文通相手でも、スウェディッシュ好き居たなぁ(^ω^)✨

スウェーデンに憧れを抱いていたっけ。やはり北欧系に弱かったなw

トーレ・ヨハンソンさんは、日本のアーティストさんのプロデュースも
手掛けられました。

この時は、ギターの音がどーのとかベースがどーのとか
そういう細かいことはナシで、とにかくオシャレな曲を聴いて
自分がオシャレな女の子気取りでいたっけ。服も拘ったりしたけど
サイズが合わずに、タンスの肥やしにしちゃったりで(;^ω^)
何とも痛い20代だった記憶がありました(ノ∀`)アチャー

 

★その中から、2曲紹介。

 

原田知世さんのこのアルバム、懐かしい(人´∀`).☆.。.:*・゚
持ってました。この衣装の花柄のスカートが可愛いよね💖

この衣装に憧れて、私も花柄のスカートを買ったことがあるんだけど
まぁ~似合わない。

そりゃそうだわ。原田知世さん、美人っていうかかわいい系で、今でも
スタイルいいしで、私とは月とスッポン(ノ∀`)アチャー

そんなことはどうでもいいとして…w

 

youtu.be

最近、リメイクしてシングルリリースされましたね。「ロマンス」
今でも、この透明感…どうよ?…って、私がどや顔してもしょうがないんだがw

フルバージョンじゃないようで、フルで聴きたければ
CDを買いなさいってことですな。

 

☆最近、子供が生まれたこの人。

youtu.be

かなり前のですが、この人の初期の曲はトーレさんが手掛けられました。

「Heaven's Kitchen」ボニー・ピンクさん💕
昔は、こんなパンキッシュなヘアスタイルでした。
私と年齢が近いんだけど、最近お子さんが誕生されましたね。
おめでとうございます🎉✨

この曲は、4枚目のシングルです。しかし、英語の発音いいねぇ✨

 

★やはり、これは外せないね

youtu.be

カーディガンズ「Lovefool」去年辺り、何かのCMで別の人のバージョンを
聴いたんだけど、こちらがオリジナル。

今聴いてもいいねぇ(人´∀`).☆.。.:*・゚

今は、CDは嵩張るからと大分捨ててしまったけど
思い出はいつでも残ってます。貪るように聴いていた音楽も
今は、自分にとってプラスになるものをと厳選するようにも
なったしで…音楽の力って、凄いって改めて感じました。

 

楽しかった無茶していたあの頃を、思い出せるんですものね。
そういう時代があったから、今があって進まないといけないなとも
思っています。

今回は、女性ボーカルばっかりになっちゃったけど
トーレさんは、男性アーティストもプロデュースされてました✨
それは、またね(´∀`*)ノシ 

レコード、カセットテープが見直される時代!?

これが本当なら、リアルレコード&カセットテープ世代の私は
歓喜なんだけどw(∩´∀`)∩ワーイ

まぁ、レコードはね・・・ヒップホップで今でも盤回すわな。

f:id:scene45:20170521180336p:plain

というのも、こんな記事を発見した。

★演歌のカセットテープ健在!

thepage.jp

20代の頃、少しだけレコード屋のバイトをやってました。
その時、演歌のカセットテープ案内をやってました。
その当時は、お店のBGMはレーザーディスクって言ってLPくらいの
大きさの映像ソフトでカラオケを流してました。

ポップスなどのCD売り場は、CDを流していました。

 

そう、演歌は今でもカセットテープなんだよね。
CDもあると思いますけど、やっぱりカセットテープ。

都会だと、タワレコとかでアーティストさんがインストアイベントなんかを
よくやると思うんだけど、なんせこっちは田舎のレコード屋。

 

そんなにしょっちゅうライブや、コンサートやらないから
会場で即売会とかやらないし、歌手が来ることも少なかったな。

それでも、たまにコンサートを近くの会場でやると
上の人が、即売会でCDやサイン色紙・・・「これ、印刷だよね?(;^ω^)」とか
言いながら、持って売りに行ってました。
たまーに、無名の歌手の人がギター抱えてライブをやっていましたよ。

やはり、この業界って厳しいのな。(;^ω^)
オーラがあって、当時のその人はイケメンさんだったけど・・・
花は咲かずに・・・だったな。

 

★↑上の記事に映っていた画像は、西尾夕紀さんですね。

本当は演歌歌手の・・・ですが、私からしたら九州~中国一部の人なら
お分かりかもですが、ドラッグストアモリのテーマソングの人という
認識になってしまってますねw

この前、初めてこの店に入ったけどバッチリ聴きました。
いい曲なんだよ。

http://www.doramori.co.jp/doramorijoho_img_song.html

↑ここでDLできますよ🎶

聴くだけでいい人は、これはニコニコ動画しかなかった(;^ω^)

ニコ動の会員の人は、西尾夕紀 ドラモリ」で検索してください。
若しくは、タイトル「アップルスマイル」で検索。

しかし、上のTHE PAGEの記事のおじいちゃん&おばあちゃんたち
元気で宜しいこっちゃw ウチの親族にも、カラオケ好きが居ますけど
ホント、元気がいいのよw
音楽って年齢関係ないし、いつまでも元気をくれる存在なんだよね。
音楽だけじゃなく、歌手の人そのものが好きってのもあるので
こういう存在は本当に必要なのですよ。

 

★こういうレコード屋は必要です。ブレないのは大事!

・・・というか、カセットテープ屋?
この店長さんご自身、音楽番組を観なくなったと仰ってるけど
うん・・・(;^ω^)分かる気がする。
だってねぇ…ゴリ押し多すぎなんだよね。演歌の番組、早朝とかに
やってるチャンネルがあるようだけど、少なくなったよね。
演歌好きの亡きウチの父の晩年は、「たまにはこんなのもいいよな。」って
Perfume見ていたしw

 

こういうブレないお店は、大事よ。
時代に合せることも大事かと思うけど、どこもかしこも
そんなでは、お客さんがついて来れない。
逆にこういうブレない経営の仕方がある店も、個性の一つと
思うので、是非とも頑張って欲しいと思ってます。✨

もう一つの京都ならぬ・・・

最近、私のブログ記事の注目記事に葉加瀬太郎さんの
昨年のコンサートレポの記事がいきなり浮上してきてるんで
何で今更!?と、思っていました(;^ω^)

 

最近の報道で、葉加瀬さんに変な報道があるようで。
音楽のことを純粋に取り上げるブログなので、あんまりディスる
発言はしたくないです。

 

★まぁ…ね。分からんこともないか。

葉加瀬さんのコンサート見てて、今だから思ったこと。
この人、モテるんだろうなって思ったわ。

今まで行ったライブでMCを聞いてると、大体性格が出てくるんだよね。
いい意味でも悪い意味でも、人を惹きつける話術の持ち主かなって。
相手を楽しませるのも、才能が関わってくるし。
そういうところは、ちょっとは見習いたいと思いました。


コンサートとかやってると、ある程度はそういう要素必要になるからね。
奥さんのプロモーション力のお蔭もあるんだろうけど
お客さんが多いのも判る気がしました。✨


ルックス云々よりも、男は才能と話術と、あとは見た目を小奇麗に
しておけば、大体は女性は放っておけないものね。
まぁ、私なら既婚者だって知ったら引きますけど(;^ω^)
不倫の報道が出ても、おかしくはない人だよ。

相手の女性の名前も出てますね。久々に聞いたグループ名だな。
「アマゾンズ」の人ですね。


音楽家に限らず、小説家なんかもそうだけど才能あって
売れてる人って、そういう人多いしなぁ(;^ω^)
そりゃ、モテるわって話。

 

★これが好きなアーティストさんなら・・・

私の本来好きなアーティストさんは、ご存じの通り去年亡くなったけど
もし自分がファンなら、ちゃんと音楽やってくれればそれでいいわって
なるわ。コアなファンなら、知ってても報道なんか眼中にないだろうしね。

去年、このアルバム買ったけど2回しか聴いてない(;^ω^)
確かに、いい曲揃ってるんです。「もう一つの京都」って曲が好きだね。

結局、私はこの人の何が好きかってクライズラー&カンパニーとしての
「音楽」が好きだったっぽい。ソロオリジナルでも、好きなのって言ったら
「ひまわり」とか有名どころくらい?

youtu.be

森山良子さんとのコラボで、ボーカル入りのを見つけたけど
これもまたいい感じ💖ボーカル入ると、雰囲気が一層UPするね。

他、私は「リベルタンゴ」って曲が好きなんだけど、このバージョンは
初めて聴いた。これで、モテない方がおかしいわw

youtu.be

ヨーヨーマのバージョンしか聴いたことが無かったのよ。
因みに、こっちがヨーヨーマバージョン。ウィスキーか何かのCM曲だったはず。

youtu.be

音楽さえ良ければ、プライベートはやっぱ関係ないわな。
あっ!スマン(;^ω^)オチを忘れるところだった。

もう一つの京都ならぬ、もう一つの葉加瀬太郎!?って…ひねり無いんかい。

Stay with me

すみません…中々更新が出来なくて(;^ω^)
私自身が忙しくて、更新する暇が無い時があります。
更新頻度は、基本あまり高くないです。

同じタイトルの曲ってことで、これはシリーズ化はしないと思います。
世の中に、同じタイトルの曲っていくつあるのよw

そのまんまの日本語訳で、「私と(僕と)一緒に居て!」ですね。
私自身、こう言われたことは…ないなぁ(ノ∀`)アチャー


どうしても、最近は「A.O.R」頼みになってしまってますね(;^ω^)

 

★ちょっと早いですが、お知らせです。

8月をめどに、もう一つのブログをこのはてなブログに移行することに
なりました。2月から、どうしようか悩んでて
はてなブログは複数ブログが作れるようなので、有料化して
こっちに移した方がいいのではないかと思いました。
このブログは、このままで変わりません。

 

では、本題です。2曲、同名タイトルいきましょう。

★その「A.O.R」でかかったこの曲。

youtu.be

これも、「Stay with me」が付くので。

これは前のブログでも紹介したのですがあまりにも名曲なので
また紹介。松原みきさんの「真夜中のドア~Stay with me~」
この人のボーカルもいいですね(人´∀`).☆.。.:*・゚

44歳の若さで亡くなったのが、残念です。この「Stay with me」は
切ない感じではあります。
「行かないでー!別れたくない!」っていう気持ちかな。
この曲、カバーしてる人が多いよね。
ラジオで「あれ、またかかってる?」と、思ったら
今度は中森明菜さんバージョンがかかっていたけど

やはり、オリジナルのこの人には敵いません。1979年の曲です。

 

★高校生の頃のあの映画の主題歌も…

この前の記事で、デイヴィッド・フォスターのことを書きましたが
その時に紹介した、ピーター・セテラのこの曲もそうですね。

「Stay with me」

youtu.be

映画「竹取物語」の主題歌で、ピーターさんの名は日本でも知られましたね。
この曲、この声は衝撃的で「何ていい声してんだろ💖」と、当時は思いました。
確か、レコードをレンタルした覚えがあるなぁ。

amazonを見たら、DVDあるんだねΣ(・ω・ノ)ノ

これ、見てないんだよなぁ。当時、CMでやたらと「Stay with me」がかかってて
この映画のワンシーンが流れていたのを覚えてます。

元は、ボビー・コールドウェルさん作詞作曲でボビーさんバージョンも
あるのですが、やはりピーターさんの声があまりにもいいから
こっちのイメージが私は強いです。

これが収録されているアルバムを探してたんです。
コンピ盤として、収録されてるようですね。

 

iTunes storeで探したんだけど、見つからなかったんだけど
コンピ盤から探した方がいいのかな?無ければないで諦めるけど。
曲が古いもんなぁ(;^ω^)

1987年の曲です。

どっちの「Stay with me」もいいですね(人´∀`).☆.。.:*・゚
他にもこのタイトル曲多数あるようですが、私のはこの2曲が好きです。 

After The Love Has Gone

さっき、FMラジオ「A.O.R」にてEarth, Wind & Fireの特集をやっていた。
このグループの曲、いいよね(人´∀`).☆.。.:*・゚

コーラスの声といい、綺麗な声してるので聴いてて心地いい。

★「めっちゃ今更?」って言われそうですが…w

私、この人のアルバム持ってて気づいたわけですw

このブログ記事タイトルの曲がかかったわけで。
高校生の頃に、洋楽好きの友人の影響で
デイヴィッド・フォスターの曲を知りました。この人、いい曲書くなぁって。

 

↑このアルバムだとボーカルナシですが、今日のラジオを聴いてて
恥ずかしながら、初めてボーカル入りを聴いたわけです(/ω\)

やっぱりいいね👍✨ボーカル入りだと、心に響く。

 

★この流れで、デイヴィッド・フォスターを紹介しましょうか。

デイヴィッド・ウォルター・フォスター
(David Walter Foster、1949年11月1日 - )は、カナダの音楽家、
音楽プロデューサー、ソングライター、編曲家である。
セリーヌ・ディオン、ジョシュ・グローバンシャリース・ペンペンコマイケル・ブーブレなどを見出したり、世界で成功したアーティストのプロデュースを数多く手がけている。 
デイヴィッド・フォスター - Wikipedia より引用)

名前を見てても分からないお方は、松田聖子さんの「抱いて・・・」って
曲をご存じでしょうか?この曲の作曲者です。

 

★主な作品を挙げてみましょう。

youtu.be

今日のこの記事のブログタイトル「After The Love Has Gone」
この曲自体、切ない曲だよね。
お互い、時間が経てば気持ちが変わってしまう心境の曲。
大人になった今だから、めっちゃ気持ちが解る。(経験済み)

youtu.be

私の結婚式で、BGMとして使った曲でもあります。
この曲、ホントに好き(人´∀`).☆.。.:*・゚

シカゴの「Hard To Say I'm Sorry」
後に、元旦那の友人に「BGMの曲のセンスがいいね~💕
あれ、Uraraちゃんの選曲でしょ?」と言われたなぁ。

youtu.be

これもね・・・元シカゴのピーター・セテラ「Glory of Love 」

ピーターさんのボーカル、好きなんだよな。
今は70超えられてるので、流石に衰えてきたなっていうのは
あるんだけど、若い頃は何たって「ミリオン・ダラー・ボイス」ですよ✨
そう言われたんだよね、この人。
「ガチで上手いボーカリストシリーズ」に挙げるべき人だな。

迫力あるんだけど、何だろ・・・透き通った声って言うの?
聴いてて不思議なんだよな。癒されるのだよ(*´ω`*)

他、チャカ・カーン「Through the Fire」もデイヴィッドさんの作品。
以前、埋め込んだのでここでは無しね。
他は、数えきれないよね(;^ω^)この人の作品、多すぎるからさぁ
シリーズ化しないといけなくなるw

「A TOUCH OF DAVID FOSTER、このアルバムは寝る前に部屋で
聴くのが向いてるかもね。
バラード多いから、ドライブミュージックには向いてないな。

 

GWも終わりなので、個人的にテンションを上げたい時に聴きたい曲を挙げてみる。

GWが終わり、明日から仕事・・・(;^ω^)あーだるいなぁと、思っている。

f:id:scene45:20170507204253j:plain

Photo byぱくたそ-フリー写真素材・無料ダウンロード

ここで、一つ後押ししてくれる曲を個人的に紹介しちゃおうかな。

f:id:scene45:20170507204429p:plain

世界はそれを「現実逃避」という。

★80年代、90年代、2000年代入り混じってます。

youtu.be

90年代のバンドです。「ISIS」(イシス)と読みます。
「ISIS」だけで検索すると、とんでもないのが出てくるので注意だね(;^ω^)
直線と、曲線が並んでるのがgood👍✨ってことで名付けたというのを
どっかで聞いたことがあります。
そう、あのイチロー(野球のね)が出演していたサイダーのCMソング。
「SUMMER GOODでいいじゃない」です。

気候的に夏に近いんじゃないかってくらい、暑くなってきたので。
久々に聴いたけど、懐かしいなぁ( ´∀`)

YouTubeの関連動画見てると、ラズマタズとかSMILEとかが出てくるんだけど
この2バンドのライブは行きました。ISISは、ライブ観に行ったこと
無かったんだよな。このバンド、すぐ解散しちゃったし(;^ω^)

 

youtu.be

これも懐かしいバンド。80年代のバンド、レピッシュ
この曲は車のCM曲だったと思います。「パヤパヤ」

この頃のバンドはホントに勢いがあったので、この時代の
バンドもオススメですね。

この曲、テンション上がるもんなぁ。ウェーイ☆-(ノ゚Д゚)八(゚Д゚ )ノ
上田現さんが、47歳の若さで亡くなったのがね…やっぱり
才能ある人は、亡くなるのが早い人多いなぁ…(´;ω;`)

 

★心が弱ってると、そこを付け込む悪いヤツも居るってことで…

テンションを上げるというよりも、気が引き締まる一曲です。
TOKIOの方が、有名かも知れませんね「宙船」
作詞作曲が、中島みゆきさん。

会社には、足を引っ張る悪いヤツが蔓延っているわけで。
気を引き締めるには、絶対これだなって思った。
「弱ってる場合じゃねぇ!」って、思ってしまうよね。

 

★好きなアーティスト、若しくはバンドの曲が一番。

オチは、そうなるわなwそりゃ、好きな人の声が一番テンション上がる。
だけど、それだとありきたりになっちゃう。

というわけで、好きなアーティスト&バンド以外で紹介しました。

明日から、出勤の人はお互いがんばりましょう~~!
さて、ご飯食べるか。

健ちゃんの月命日に、色んな曲をダラダラとぶちこんでみる。

今日は、健ちゃん(黒沢健一さん)の月命日。5か月経つのか・・・。
PCの壁紙まで、とうとう健ちゃんにしてしまって
PCを起動したら出てくるようにしてるんだけど、今でも居ないのが
信じられない時がある。

★月命日に改めてオフィシャルブログを読み返してみた。

 

feature.k-kurosawa.com

↑オフィシャルブログの過去ログを読み返して、そう言えば建築物が好きで
レンガが好きだったなとかw
レコードを見てる時の、真剣なまなざし(・д・)ジーッだったり
関ジャニの番組で、カラオケで自分の曲を歌ったりしたっけ。仕分けられたなぁって。
あー、あの時は健ちゃん本来の魅力を出せてないなぁって思ったわ。

何もかも、健ちゃんの一つ一つ生きた証が詰まっていたんだなって
しみじみと見ていたよ。

 

まだ、どっかでギターつま弾いて新曲でも作ってるんじゃないかな~
…って思ったりしちゃうんだわ。

 

健ちゃんが好きだったと思われる洋楽と、私が掃除しながらかけていた洋楽や
昨日、FMのラジオ番組「A.O.R」でかかった洋楽などなど
ただ、ぶち込むだけぶち込んでみます。
古い洋楽が好きになったのは、私自身がレトロ好きなのもあるんだけど
少なくとも、健ちゃんの影響も大きいな。

 

★とにかく、聴こう。

youtu.be

youtu.be

ビートルズと、かつてはいつもランキングを争っていたDave Clark Five。
Dave Clark Fiveはあんまり詳しくはないんだけど、曲は好きだな。
イギリスは、いいバンド&アーティストさん沢山居るよね。
ロンドンオリンピックの閉会式の時、つくづく思ったわ。

昨日、「A.O.R」でかかっていたサイモン&ガーファンクル
「スカボロー・フェア」。元は、イギリスの伝統的バラッドならしいんだけど
このサイモン&ガーファンクルバージョンのは、ダスティン・ホフマン主演の
映画「卒業」の挿入歌としても有名だよね。

この2人のきれいなハーモニーは、ホント今聴いてもイイネ(^ω^)。

 

★私が好きなのをダラダラ紹介w

↑このコンピ盤、今でもよく聴きます。このコンピ盤がきっかけで
5th ディメンションの曲・・・っていっても、この2曲が好きなんだな。

youtu.be

これ、朝の晴れた日にピッタリだよね🌞

youtu.be

これは、スマスマでもかかっていたので、聴いたことがある人多いんじゃないかな。

「UpUp and Away」です。
ビストロスマップのコーナーで、ゲストが試食している時にかかっていた
BGMが、この曲なんだよね。

この曲、訳詞をどっかで見たことがあったんだけど、夢があって好きです💕
現実ではありえないかもだけど(;^ω^)たまには、こういう夢のある
歌詞もいいなって。

 

youtu.be

これは、前のブログでも紹介したんだけど再びUPします。

クリス・モンテスの「Call Me」。
アルバム持ってるし。この曲をBGMに、このGWは掃除してました。

↑のPV(?)を冷静に見てみたら、ダンサーの女性たちのダンスが
微妙に合ってない?w 

★で、やはり月命日だから外せない。

youtu.be

レトロっぽくて、いいね💖L⇔R「恋のタンブリングダウン」

みんな、若いなぁ✨この頃のL⇔Rの曲も、名曲揃いなんだよな。
「knockin'…」ばっかりが世間に注目されすぎてるけど
判る人は判るという感じ。

それでいいのか悪いのか・・・(;^ω^)健ちゃんだったら、もうそれで
いいんじゃないかと言いそうな感じになりそうだけど。
まぁ、私もいい曲だってのは十分判る。たまに、思い出してあげないとね。

さて、出かけますか。