Urara's favorite music~2nd stage~

私の好きな80年代、90年代のJ-POPを中心に音楽にまつわる緩い内容です。

L⇔R-last live 1997- Doubt tour at NHKhall

全て見ました!昨日リリースした、L⇔R-last live 1997- Doubt tour at NHKhall」
いやぁ~その前の「Let me Roll it! tour 1996」もいいんだけど
L⇔Rとしてのラストライブとは思えない…というか
ラストだから気合いが凄く入っているのか、怒涛のステージです。

 

私、当時27歳の誕生日迎えてないので26歳の時だったな。
東京のステージは、あんな感じだったんだね。
今頃、天国で健ちゃんが「おっ💕リリースしたんだな。みんな気に入ってくれる
かなぁ?ドキドキ(;^ω^)」と、ヽ(д`ヽ)。。オロオロ。。(ノ´д)ノしてたりしてw

 

★あまりオリコンのランキングは、信用しないけど(;^ω^)

さっき、オリコンのサイトを見に行ったけど
DVDの音楽部門、昨日付けのランキング

L⇔Rが見事1位を獲得してます!!!!

(∩´∀`)∩ワーイε=\_○ノ イヤッホーゥ!これは、めでたい!!
オリコンのチャートでも、L⇔Rがランクインしてるのは
ファンとしては、やっぱり嬉しいよね💖私も嬉しいぞっ💕

これは、信じますわ(←都合良すぎ!)。


あの内容なら判るよ。物凄く濃い内容だったし。
では、ざっくりと感想を書きますね。

 

★1996年のツアーとの違い。

スクリーンがあって、映像が出てきたのはこのツアーのみ。
そして、最初に秀樹くんが小ネタを仕掛けてるところw
あのお茶目なネタは、誰の案なのかな?ww
よーく見ないと判りにくいかも。

HEY!HEY!HEY!で、ダウンタウンの松ちゃん(松本人志さん)命名の
通称「岩しぶき(MUSIC JAMBOREE '95)」での
健ちゃんのいたずら(?)タイムが、一番の見どころではあるけどw
東京のステージでは、あんなことしてたのねwww

福岡では以前書きました↓関連記事です。

scene45.hatenablog.com

本当に、パワフルなステージです。
今思えば、健ちゃんはこの時から何か生き急いでいるような
そこまでのパワーだったわけで。端から端まで、駆けまわっていた。
まだ若かったし、迫力ありすぎです。


で、後半やたらと健ちゃんのドアップが多すぎな件(*´ω`*)
こっちとしては、照れてしまうやん…。

前半ではサングラスをかけていたけど、途中で取ってます。

3人とも、1996年のライブよりもグッと男気あってこの頃が
3人とも、男としても脂が乗り始めてる年頃だしね。

秀樹くんも見てて思ったけど、腕の感じがやっぱり兄弟だなって
思ったわけよ。一人だけ半袖で、今まで秀樹くんの腕なんて
あんまり意識しなかったけど、(*ノωノ)テレテレ…色気を感じました💖
きーちゃんは、言葉は要らんな。彼がカッコイイのは当たり前ってことで。
しかし、きくっちゃん(ギターの菊池真義さん)と遠山さん
(キーボードの遠山裕さん)お二人が、若いw
この時から、健ちゃんと一緒だったんだって今更気づきました。

そうそう、いつもクライマックスは「LAND OF RICHES」だったなって
思い出しました。

最後のアンコールは、健ちゃんの事務所の人(多分、社長さん?)が
ブログに書いていたけど自分らの曲じゃないから、収録するのに
原曲のアーティストさん(多分、事務所を通してだろうね)に
許可を取らないといけないらしくて、交渉したそうで。
2曲とも洋楽だから、大変だっただろうね(;^ω^)

★1997年の3人がくれた夏の贈り物🎁

そう思いたいね。残念ながら、健ちゃんを新たにステージで見ることは
出来ない。だけど、こうやって沢山遺してくれたので、たまに
「俺のこと、思い出せ!」って、言うことなんだなって解釈するよ。
「HELLO, IT'S ME」の辺りで、健ちゃんが弾いていたギターを
見てて、献花の会に展示してあった生々しい傷を思い出した。

切なかったな…(´;ω;`)

訃報があった後、あれからこの曲を聴くと、涙が止まらないんだよね。

でも、とても20何年も前のステージとは思えない。
今でも、通じるもの。曲も全く古さを感じない。
いい音楽無いかなぁ?って、探してるひと。
ここに、素敵な音楽がありますよ。邦楽は廃れたというよりも
埋もれてるのを見つけられてないだけだから。
多様化しつつある、私たちの娯楽なので…貴方の好みに合うかは解りません。

事務所のスタッフさん、ポニーキャニオンさん
リリースまで大変な苦労があったと思いますが
ありがとうございました。素敵な夏の贈り物、気に入りました。

 

偶然、これを見つけました。これも、思い出します(^ω^)

www.tfm.co.jp

もう、6年前になるのか~!健ちゃんのソロだけど、うっとりして聴いてました。

私が小学生の頃に(・∀・)イイ!!と思った日本の女性ボーカル。

ガチで上手いって言っても、70年代80年代の歌手の方々は
上手い人が多くて当たり前って感じなので、そういう風に
まとめた方がいいかなと思いました。

私が小学生の頃は、テレビで知ることが多くて
こういう人らをリアルタイムで挙げていたら
多分ね…(;^ω^)ただでさえ、元いじめられっ子なので
余計にもハブられていたと思います。
 

中年のオババになった今だからこそ、挙げてみたいと思ってます。
日本はこういう実力ある人よりも、話題性だったりルックス重視だったり
CMのタイアップとか、ドラマのタイアップでないと、中々聴く機会が無かったり
しますよね。FMラジオ番組「A.O.R」をずっと聴いてるせいか、70年代80年代の
洋楽・邦楽を最近聴き漁るのが、マイブームになっちゃってます。(^ω^)

 

あ、ここでお知らせと言うほどのものでもないけど
もう一つのブログは、今のところで続けます。
移転するのが面倒で(;^ω^)…すみません。これじゃぁ、詐欺だな。

f:id:scene45:20170818194241p:plain

 

この当時は、女性アーティストさんはピアノを弾きながら
歌う人が多かったので↑「いらすとや」さんから拝借いたしました。

 

★今聴いても、しびれるねぇ~💖

この人いきましょうか。八神純子さん。いきなり埋め込みますね。

youtu.be

八神 純子(やがみ じゅんこ、出生名同じ、結婚後の本名:スタンレー純子、1958年1月5日 - )は、日本のシンガーソングライターである。ジューン・スタンレー(June Stanley)名義での活動もある。
アメリカ合衆国在住

 

 16歳のとき初めて作詞作曲した「雨の日のひとりごと」で、第8回POPCON優秀曲賞に入賞した。なお、この会には「幸せの時」もノミネートされ、入賞曲に選ばれている。同一大会で2曲ノミネートされ、2曲同時に入賞したのは、つま恋で本選会で開かれてからは、後にも先にも彼女だけである。

八神純子 - Wikipedia より引用

 

やはり、この人は「みずいろの雨」「パープルタウン」の印象が強いですね。
いやぁ~いい声してますわ(人´∀`).☆.。.:*・゚言葉が出ない。
つーか、私のコメント要らんよなw

最近どうしてるのかなとwiki見たけど、アーティスト活動はされているようで。
ポプコンって、ヤマハの…だよね。ヤマハポピュラーソングコンテスト
どんだけ実力ある人か、この一文でよく判るわ。凄かったのね。

この当時、アマチュアからプロへの登竜門として有名なコンテストだったんだよね。
現在は名称が変わっているようですが、やってるのはやってるようですね。


★CMのタイアップで曲が有名になりました。

youtu.be

久保田早紀さん(現在は久米小百合さん)です。

久米 小百合(くめ さゆり、旧姓:久保田(くぼた)、 1958年5月11日 - )は、日本のキリスト教音楽家、日本バプテスト連盟加盟教会の教会員である。東京バプテスト神学校神学科修了。
シンガーソングライター、久保田 早紀(くぼた さき)としても、よく知られている。

久米小百合 - Wikipedia より引用。

 

この曲は三洋電機のカラーテレビのCM曲として、そこから大ヒットしました。
久保田さんの曲で、誰もが判る曲として、この曲がよく挙げられますよね。
CMが、あまりピンと来ないんだけど(;^ω^)この曲は
カバーされるくらい、今でも歌い継がれてますね。

この曲がタイアップされたのは、三洋電機さんの意向で決まったようですよ。
それが、大当たりしたんですね。
久保田さんご自身は、当時どう思われたのかは知らないけど
当時小学生だった私は、漠然と「あーいい曲だな(^ω^)」って
思って聴いてました。

 

現在は、商業的な音楽としての活動はされてないようですね。

★現在も活動してるようですが…(;^ω^)

3人目は、この人。泰葉さん。
実は、この人のニュースを見てこの記事を更新しようと思ったわけで。

www.daily.co.jp

この人、才能はあると思うんですよ。自分のYouTubeチャンネルをお持ちで
来月、アルバムをリリースされる予定だったらしいね。

メンタル面がね…(;^ω^)どこで歯車が狂ってしまったのか、色々ありすぎて
少し休まれた方がいいと思った反面、最近の歌声をYouTubeで聴いたら
全く衰えてない上に、上手いから勿体なさ過ぎなんだよね。

最近の曲(8年くらい前だけど)も聴いてみたけど、いい曲だった。

youtu.be

代表曲が、このフライデイ・チャイナタウンなので、これを
埋め込みますね。1981年の曲です。最近の動画のようですが、声量が凄い。
この人は、休んだ方がいいかも知れないね。

心が不安定な時って、中々上手くいかないから。
増してや心が病んでると、余計にも上手くいかないんだよね。
iTunes Store見たら、この人の最新の曲は配信しているようですね。

詳しくはこちら。

ameblo.jp

この時代の人って上手い人多いから、まだ他に居ますけど今日はこの3人で。

ガチでボーカルが上手い人(3)

久々に、このシリーズを書きます。と言っても、前2人がそんなに売れている人で
はないので、ピンと来ない人が多いかと思う。しかも、最近の人じゃないし。

この人も、最近の人ではありません。しかし、現在も精力的にバンドで
ライブ活動されているのが嬉しいね。
ラカンであるのにも関わらず、本当にパワフルな人です。

ライブも観に行ったことがあるので、この人は本当にそう。

 

スターダストレビュー根本要さん。
何気に、昔からスタレビのライブを観てきてはいました。
前のブログでも書いたけど、今は無きJTスーパーサウンドで
徳永英明さん、杉山清貴さんと共に出演されていた時に見たのが
最初なので、もう30年くらい前です。
福岡の海ノ中道海浜公園でやったイベントですね。

 

★ラジオも何気なく聴いております。

ライブも3回くらい観たかな。ラジオ番組「要のある音楽」も聴いてるけど
ライブの観客の声を入れてるラジオ番組は、この人の番組以外聴いたことがないです。
ファンの人からのラブコール💖まで入れてるのもそう。

ボーカルはねぇ・・・上手いってよりも、パワーが半端ない。
小さな体で、よくあそこまで声が出るなぁってくらい。
スタレビのライブに行ったことがある人は、お分かりと思いますが
この人らのライブは、観客参加型って言った方がいいねw

歌わされ、踊らされます。振りが小さかったりすると、曲止めてまで
やんわりと注意されてしまうんだよね(;^ω^)

一回、大きな声を出す練習されたことがあるけど、要さんも一緒になって

「yeah~~~~~~~~~!!!!」

と、声を出し始めたのね。
私ら息が切れそうになってるのに、はるか長く息を続けて
大きくシャウトし続けていたのは凄い。あれ1分超えてたと思います。

★その上に、MCが長いw

スタレビのライブはMCが面白い上に、要さんが物凄くしゃべるw
喉どうなってんの?ってくらい。

そりゃ、一晩中ライブやり倒すことが出来ますわな。
何年か前にスタレビは、ギネスブックに一晩中ライブやって、確か100曲くらい
やったから、掲載されたんだよね。
歌う方も疲れるけど、演奏する方もよくやったと思うよ。

今は流石に無理…とは思うけど、ライブの時間は3時間くらいあるので
凄いの一言ですよ。

スタレビの曲は名曲が多すぎて…(;^ω^)

どれを張ろうか迷うじゃないかw

やっぱり、この曲でファンになる人多いんだろうと思う名曲を。

youtu.be

声がハスキーがかった声なので、ハスキーボイス好きにはたまらんと思う。
今夜だけきっと1986年の曲ですね。私もこの曲好きです。
ライブでは最後の歌詞♪星に~な~ぁ~っ~たぁ~♪の後は、バックのセットから
ライトで星を作って、流れ星が流れるんだよね。

★最近のアルバムは…

ライブ盤を出しているようですね。オリジナルは確か3年くらい前出したような…。
最近はDVDをいくつも出しているので、金がついていけないから
買ってないのですが、普通のCDよりもスタレビはやっぱりライブの方が
映えるよね。(^ω^)

最後に一曲。これも、かなりの名曲。
ガチで上手いボーカルシリーズなので、要さんの声が映える曲ってことで。

youtu.be

木蘭の涙です。
wiki見たら、この曲でJAPANESE DREAM1993年7月度月間グランプリ受賞を
獲得されたようですね。だろうな…。この曲もだけど、やっぱり要さんの声が
素晴らしすぎる。

 このバンドも、もっと評価されてもいいと思います。

8月11日と言えば山の日ですが、私にとってはこの人の誕生日💖

f:id:scene45:20170811175006p:plain

黒沢健一さんの誕生日という認識の方が私は強いのです。
生きていたらなぁ…(´;ω;`)49歳ですよ、この人。
残念なことに、永遠に48歳のまま。
↑献花の会の時の遺影がこれでしたね。私はこれをスマホのロック画面にしてます💖

 

★今月5日で、亡くなって8カ月です。

もうすぐ、お盆だね。健ちゃんは初盆だよ。

今日、確か渋谷のタワーレコードL⇔RのイベントでDoubt Tourの
映像上映会をやっているはずです。

健ちゃんの誕生日に合わせてってことで。

他のファンの人はどうでしょうか?私は未だにきちんと悲しみを受け取れてないのか
くすぶっている感じです。
ポプシクリップのMOTORWORKSの記事が、泣けてくるんだよ。


何と言うか…上手く言いにくい。何なんだろう?
リアルでは、これは理解できる人が居ないので、ここでしか言いません。
この前まで、前を向くことが出来なかったんだよね。
自分が心から好きな人の死って、こんなにも辛いものなんだなって。
勿論家族もそうだし、ペットなど自分が愛する人の死なら辛いよね。


当然、関係者や家族の皆さんはもっと辛いと思うけど
やはり、ただのファンでも心から好きな人が居ないって気持ちは
何かを掴めないような…。
前向きなことを言って、健ちゃんに失礼のないようにしないと
いけないんだろうけど、まだまだ前を向くにはかなりの努力が要るね。

 

★今日になって色々気づいたのだけど…

通勤の車の中で、今日はL⇔R「Singles&More vol.2」を聴いていた。
このアルバムと、健一ソロのセルフカバー集(遺作になりますね)
「LIFETIME BEST"BEST VALUE"」もだけど、どっちも
一曲目が、「HELLO IT'S ME」なんだよ。

で、どっちも「DAYS」が収録されている。
違いを聴き比べてもいいかもね。
今となっては、この曲の歌詞が胸に突き刺さるね。
朝聴いてて、泣いてしまった。・゚・(ノД`)・゚・。

毎年、私は8月11日に誕生日のメッセージを送っていました。
今年は送ることが出来なくなったね。
だから、ここでおめでとうを言いたい。

今までと同じように、勝手にケーキ食べてお祝いして。
向日葵の花を花びんに挿して、好きだったうまい棒を供えてあげて。
生前、健ちゃんはうまい棒のイベントに出演していました。
イベントは東京でしかやってなかったので、写メだけ
Twitterやっていた頃に、フォロワーさんからいただきました。


★有名人のファンをしている貴方へ。


その有名人も、人間だものね。いつかは、好きな有名人が亡くなるわけで。
その時まで、精一杯その人を応援してほしいね。
アーティストさんだったら、ライブになるべく行って
生歌を沢山聴いてほしい。CDも買って、グッズも買って。
本人もファンも悔いのないようにするのが、一番だと思う。

健ちゃんは、本当に愛されていたよ…(´;ω;`)
彼自身は悔いがあったのかも知れないけど、自分の音楽を
一生懸命貫いた姿勢は、本当に素敵だった。✨
そんな彼が、私は本当に大好きです。

L⇔RのラストライブのDVD来週発売です。

youtu.be

オフィシャルサイトのfeatureに書かれていたけど、L⇔R25周年はこれで終わりで
今度は健一ソロが発売予定ならしい。
今月下旬にオフィシャルサイトにて発表するようです。

www.k-kurosawa.com

この人だけは、一生嫌いになれないわ。本当に、素敵な曲沢山書いてくれて
感謝したい。ありがとう…自分が死ぬまで、この人の曲を大事に聴くよ。

朝のホットラインの思い出。

ちょっとした自慢話注意です。

 

 

昔、TBS系の情報系番組で「朝のホットライン」という番組が
ありましたね。

急遽、番組が立ち上げられたため、スタート当初は番組名が決まって
おらず、『朝のワイドX』という仮称で放送された。

その後、番組内で名称を一般公募し、その中から選ばれた
『朝のホットライン』を正式番組名として1981年11月16日から使用した。
ラジオの手法を取り入れた番組だった。


また03-584-2211という専用電話番号もあり視聴者から
身近な情報を提供してもらっていた。
電話番号を「ご飯よニャンニャンワンワン」という語呂合わせにして紹介していた。

初代総合司会はTBSアナウンサーの五味陸仁が務めたが、半年後に番組がリニューアルされ、新総合司会には静岡放送アナウンサー(当時)の
荻島正己。進行司会には宇江佐りえ、天気キャスターに前田武彦
起用された。また、1985年には、NHKからフリーに転じた草野仁が、
TBSと専属契約を結び、同年4月1日から本番組の総合キャスターを
務めた。

朝のホットライン - Wikipedia より引用。

 

現在は、あの枠はビビットという番組のようですが
(テレビを全く見なくなったので全然知らなくて、yahoo!のテレビ欄で知った)
以前のブログで載せた内容を書きます。

 

★私の母校単位ですが…一コーナーに出演経験アリです。

当時高校3年生の頃でしたが、「話せばわかるおッ母さん」というコーナーが
ありまして、私の母校単位で部活のユニフォームを着て出演しました。
私は吹奏楽部に所属していたので、ユニフォームを着てました。

要するに、自分の親のこういうところを辞めて欲しいとか
面白い母親のエピソードがあったらそれをぶっちゃけて、
全国の学校を駆け回るというコーナーでした。

事前にアンケート用紙が送られてきまして
学校で書かされたのをはっきり覚えてます。

かなり昔にこの内容を前のブログに書いてて、当時のレポーターご本人さんから
コメをいただいたのは、マジでびっくりました(;^ω^)
芸能人の方との初握手はその人だったんで、嬉しかったなぁ。

というかその後、実はメールをいただいたけど気づかなくて
申し訳ない(;^ω^)気づいたのが大分後でした…。

 

☆私はそのコーナーのネタを披露したのではなく…(;^ω^)

CM明けのジングルを、吹奏楽でってことで
私らがファンファーレを披露しちゃうワンシーンを撮影した時に
私の顔がドアップで映ったのですよ(/ω\)イヤン

しかも、この番組は生放送でした。

映画のスクリーン並にデカイモニターが側にあったんだけど
そこに、自分の顔ですよw ビビるわ、恥ずかしいわで言葉が出ない。

当時シンバル担当だったんだけど、一番肝心の楽器だと判断されちゃったのか
全国に大恥晒したのは言うまでもありません(;^ω^)
でも、学校で用意されたシンバルが持ち歩くのに重かったんだよね。
その当時は、あまりの重さに腕が
だるかったので、かなり辛そうな顔がそこに映りましたw

 

荻島正己さんは元バンドマン。

私が朝のホットラインを見ていた当時は、荻島さんはこの番組の
司会というイメージしか無かったんだけど、この人は
「ケッタウェイズ」というバンドの、リードボーカル&ギターを
やっていたようですね。
YouTubeで曲を聴いたけど、英語の発音が良くて聴きやすいボーカル。
曲も今聴くと、かなり私の好みでした(ノ´∀`*)

荻島正己(マチャミ)追悼番組 - YouTube

今となっては、荻島さんも前田武彦さんもだけどお二人とも故人。
この二人と言えば、私は「朝のホットライン」を今でも思い出します。


朝のホットラインで検索すると、テーマソングと前武さんのお天気コーナー
のBGM曲が出てきましたよ。すごい時代っすΣ(・ω・ノ)ノ

f:id:scene45:20170806093714j:plain

風のエトランゼという曲のようです。この曲自体は、マイナーコードの曲ですが
採用されたのが、途中のメジャーコードの部分。

youtu.be

 

この番組、他局の「ズームイン朝」には勝てなかったようで
長続きしなかったんだよね。

この番組を観てて、私は「学校かよぉ~(´・ω・`)ショボーン」としていたものですw
YouTubeのコメとかでも、やはりみんな似たようなことを思ってるんだよねw
焼きたてのトーストの香りと、コーヒーの香りを思い出します。
親も、仕事かぁって顔して仕事に行ったな。

あと、このCMもセットで思い出すよね。

youtu.be

絶対流れていたっけ。あー学校に行かなくちゃって、しょぼくれてましたw

以上、おばさんの自慢入り昔ばなしでした。

小室哲哉&浅倉大介の師弟ユニット結成!

これまた、凄い音楽ニュースが飛び込んできましたねぇ。

www.oricon.co.jp

小室哲哉さんと浅倉大介さんのユニットが結成されるとのことです。
ユニットの名前は「PANDORA」。
お二人とも、音楽的な才能はあるんだけど…(;^ω^)
気になることがある。

 

★ボーカルは誰がするんだろう?

多分、これがみんな気になるのでは?w
私も気になるんだなぁ。まさか、この二人のどっちかって訳にもイカンやろ。
両方のファンの方には申し訳ないが、お世辞にもこの二人は
音楽を創る才能はあっても、ボーカルの才能は…(;^ω^)
小室さんのボーカルを聴いたことがあるだけに…。

accessのオフィサイトなどを覗いたら…

因みに、浅倉大介さんと貴水博之さんのユニットであるaccess
今年25周年ってことで、記念のシングルをリリースしてるんだよね。
い、いつの間に(;^ω^)

↑は、通常盤Aだそうです。初回限定盤、通常盤Bとか…(;^ω^)
最近のCDの売り方って、こうして釣らないと売れないんだろうね。
こういうのは、アイドル系だけではないんだね。
DVDを付けるとか、ステッカーとか、何かを付けて売るのが多いなぁ。

www.access-web.jp

accessのオフィサイトです↑しかも、YouTubeのチャンネルまであるのね。
こっちは、ソニーミュージックのチャンネルより。

youtu.be

打ち込み系が好きじゃないって確か話しましたが、最近歳食うごとに
何でも受け入れOKになってきたのか…。
最近の曲もいいね~(人´∀`).☆.。.:*・゚カッコイイよ、これ。
昔のaccessの曲とは、うって変わった感じですね。

accessだったら、「Moonshine Dance」辺りが好きです。

そして、もう一つ気になったのが…

★お二人の髪の毛の色が…

アラフィフに、アラカンだもんなぁ(;^ω^)・・・
もう少し落ち着いた色だったら、若く見えるんだけどねぇ。
段々見てる分には、余計にも老けて見えそうで。

どんな音楽なんだろうね?ボーカルを誰か引っ張って来るのか
はたまた、曲のみに徹するのか。

本当に、これは気になるねぇ。
というわけで、今日はもう一曲accessの最近のですが
埋め込んでおきましょう。

youtu.be

これまた、カッコイイ。…って、他に言葉ないんかいΣ( ゚д゚ )\(゚д゚ )
とにかく何か発表するだろうから、ファンの貴方は待ってましょう。
これは、ファンじゃない私も気になって仕方ない。

伝説のネオアコバンドBridgeが、22年ぶり再結成。

…と言っても、4月に再結成していたようですね(;^ω^)
何で、今更かって言いますと…

今日、ポプシクリップvol.9(雑誌です)が届いて、MOTORWORKSの記事を
必死に読んだ後にペラッと開いたら、ライブレポが載っていたから(;^ω^)

迂闊でした(´・ω・`)ショボーン 気づかなかったんだよぉ。・゚・(ノ∀`)・゚・。

natalie.mu

↑音楽ナタリーの記事発見しました(`・ω・´)ゞ

 

カジヒデキくんが所属していたバンドです。

知ってる人は一発でお分かりと思いますが、イマイチ知名度がないので
どういうバンドかご紹介いたしましょう。

1989年結成。1995年解散。小山田圭吾が主宰した
「トラットリア(Trattoria)」
レーベルを代表するアーティストの一つだった(ファースト・アルバムのプロデュースを手がけたのも小山田)。
音楽スタイルとしては所謂ネオアコに分類される。

2017年4月9日、カジヒデキの呼びかけにより22年ぶりに
再結成ライブを実施。ブリッジ (バンド) - Wikipedia より引用。

今回の再結成は、カジくんが呼びかけたんだね。
で、メンバーの名前を紹介。

大友真美(Vo)、池水真由美(Key)、清水弘貴(G,Vo)
加地秀基(カジヒデキ)(B)、黒澤宏子(Dr)、大橋伸行(G)

カジくんは、この時はベース担当だったんだよね。
因みに、私はカジくんのソロを聴いててブリッジに所属していたというのを
知って、そこから聴き出したんだけど、思わずYouTube検索しに行ったではないかw

CD、捨てなきゃ良かったよ・・・(;´д`)トホホ…

Limit Editionがリリースされていた。ジャケットが懐かしいねぇ(人´∀`).☆.。.:*・゚

これがねぇ、ボーカルの声が本当にベリーキュート💖なんですよ。

★聴いてみましょう。

youtu.be

オリジナルですね、これは。「Windy Afternoon」という曲です。
大友さん、やっぱかわいいわぁ~(人´∀`).☆.。.:*・゚
同性から聴いても、こういう声は癒されます。勿論、ルックスもね💖

私が好きなのは「Change」「Watermelon Bikini」かな。

 

ポプシクリップさんの表紙裏の広告が、今回「一番星★ヴィレッジ 
PEANUTS CAMP」という催し物の広告で、しかもこの土日だったのかw
今日見てて…過ぎてるやんΣ( ゚д゚ )\(゚д゚ )ってツッコミ入れてしまったが
これに、BRIDGEとカジヒデキくん、他は田島貴男さんとか、チャットモンチーとか
色んなバンドやアーティストさんが出演されていたようですね。
行った人、楽しかっただろうなぁ・・・つか、早く気づけって感じやねw

 

フランス・ギャルのあの名曲もカバーしてました。

youtu.be

これ、ピッタリはまってるよね。

この本に、より詳しい↑インタビューが載ってます。

MOTORWORKSの記事も興味深かったです。
その話しは、また今度ってことで。