Urara's favorite music~2nd stage~

私の好きな80年代、90年代のJ-POPを中心に音楽にまつわる緩い内容です。

スポンサーリンク

ボヘミアン・ラプソディーのサントラが、やっと届きました。

Bohemian Rhapsody (The Original Soundtrack)

今、大ヒット中の映画ボヘミアン・ラプソディー
この前、実は2度目を観に行きました(∩´∀`)∩ワーイ🎶

初めてだね~
2年前のビートルズの「8days A Week」は、リピしたかったけど

上映していた映画館が遠かったから、断念しちゃったのね。
今回は、近くでやってくれているお蔭でリピ出来ました。

前回は土曜日で、この前は日曜日。
日曜日ってこともあるけど、席が満席だったんだよ。
上映時間前に、どえらく人が並んでるなぁって思ったら
みんなボヘミアン・ラプソディーの観客だったw

田舎の映画館なんだけど、ずらーっと人が並ぶって
あまり見ないんだよ。

 サントラが聴きたい欲に駆られて…

買っちゃいましたヾ(*´∀`*)ノキャッキャ

f:id:scene45:20181212204016j:plain

これ、かなり売れ行きが好調なのか11月下旬に注文して
今日届いたんだよ。近くのCD屋には、一枚も無かった。

因みに、ユニバーサルミュージックからリリースされている
日本版じゃなくて、輸入盤。

違いは何だろう?って、思ったんだけど
収録されている曲は、同じなんだよね。北米版もある。
私が手に入れたのは、北米版。

聴いてて納得が行くんだよね。売れ行き良いわけだよw
因みに、こんなニュースも見ました。

スポンサーリンク

ボヘミアン・ラプソディー(曲)が…

www.billboard-japan.com

16億回…YouTubeQueenオフィシャル動画が、7億回くらいだったのね。
ビルボードジャパンの記事によると、SpotifyApple MusicやDeezer
など、ストリーミングで聴くタイプの音楽サイトも含まれているらしい。
だから、そんなに多いのか。

オリコンチャートでも、洋楽部門は上位はQueen
埋め尽くされているよね。

 

以前も書いたかな?

これが、本当のブームってヤツよね。
しかも、Queenは全世界で判る。誰もが…って訳じゃないけど
知っている人が多数で、歌える人も居る。

たまにyahoo!とかのエンタメ系ニュースで、「○○がブームです。」
って、大見出しが出ていても…全く分からないグループを
推して書かれている場合があるでしょ。
「いや(;^ω^)それ以前に、誰なんだ?」って言うような。
それとは違うんだよね。

 

ただのサントラじゃなく、これはベスト?

勿論、別にQueenのベスト盤ってあるんだよね。

グレイテスト・ヒッツ

グレイテスト・ヒッツ

 

 これが↑そうです。これも、欲しいなぁ…。
だけど、映画を観に行った人らはやっぱりこっちでしょ。

ボヘミアン・ラプソディ(オリジナル・サウンドトラック)

ボヘミアン・ラプソディ(オリジナル・サウンドトラック)

 

 映画で流れた曲って言っても、映画では
フルでは流れていないんだよね。
ストーリーがメインだからね。

2度目となると、色々気になる箇所の謎が解けたりするんだわ。
やっぱり、クライマックスの「ライヴ・エイド」のシーンは
本当にヤバイ。再現率凄すぎて、初回でウルウル…
2度目は、。・゚・(ノ∀`)・゚・。ボロ泣き状態でした。

因みに収録曲。

1.20世紀フォックス・ファンファーレ (初収録)

2.愛にすべてを

3.ドゥーイング・オール・ライト ...リヴィジテッド (初収録)

4.炎のロックン・ロール
(ライヴ・アット・ザ・レインボー・シアター、ロンドン、
1974年3月31日)

5.キラー・クイーン

6.ファット・ボトムド・ガールズ
(ライヴ・イン・パリ、フランス、1979年2月27日) (初公開)

7.ボヘミアン・ラプソディ

8.ナウ・アイム・ヒア
(ライヴ・アット・ハマースミス・オデオン、ロンドン、
1975年12月24日)

9.愛という名の欲望

10.ラヴ・オブ・マイ・ライフ
(ライヴ・アット・ロック・イン・リオ・フェスティバル、
1985年1月18日)

(CD初収録)

11.ウィ・ウィル・ロック・ユー (ムービー・ミックス) (初収録)

12.地獄へ道づれ

13.ブレイク・フリー(自由への旅立ち)

14.アンダー・プレッシャー

15.リヴ・フォーエヴァ

16.ボヘミアン・ラプソディ
(ライヴ・エイドウェンブリー・スタジアム、ロンドン、
1985年7月13日)

(CD初収録)
17.RADIO GA GA
(ライヴ・エイドウェンブリー・スタジアム、ロンドン、
1985年7月13日)

(CD初収録)

18.AY-OH
(ライヴ・エイドウェンブリー・スタジアム、ロンドン、
1985年7月13日)

(CD初収録)

19.ハマー・トゥ・フォール
(ライヴ・エイドウェンブリー・スタジアム、ロンドン、
1985年7月13日)

(CD初収録)

20.伝説のチャンピオン
(ライヴ・エイドウェンブリー・スタジアム、ロンドン、
1985年7月13日)

(CD初収録)
21.ドント・ストップ・ミー・ナウ ...リヴィジテッド (初収録)

22.ショウ・マスト・ゴー・オン


22曲あるのは、輸入盤だろうが日本版だろうが共通みたいだね。
CDで聴く前に、うたパスで聴いていたけど
これ、本当に聴きごたえ半端ないよ。

スポンサーリンク

サントラ一枚で、色んなQueenが楽しめる。

これが、売れている理由なんじゃないかと思う。
映画で使われた曲を、聴いて思い出そうというのもあるけど…

そのQueenの曲たちがね…ロックだけとも限らず
コーラスの美しさや、ポップな感じだったり
時にメロウな感じだったりで、Queenの曲は奥が深いわ。
映画もまた観に行けば行くほどに、色んなことが判ってくるよね。

その中でも、2曲セレクトしましょ。

youtu.be

クライマックスで使われた、この曲を聴くと
涙が止まらないんだよ。

映画が人気ある理由は、この曲の歌詞にも
あるんじゃないかと思ってる。We are the Champions
孤独感をどっかで感じて、自分の居場所が無いという経験をした人は
この曲聴くと、マジで元気をもらうよね。

そういう経験をした人が、居るから。
色んな屈辱を受けたりなど…誰もが苦しい思いをして
生きている。そんな人たちを元気づける一曲だと思う。
イジメられっ子に、送りたいね。

亡くなる前の曲。切ない…

youtu.be

オフィシャルだと意味が解らんだろうから、和訳付きのを見つけました。
フレディ・マーキュリーの晩年の姿だね。エイズに侵されて
肌が荒れるから、白塗りしている。
「The Show Must Go On」。亡くなる僅か1か月前の歌声です。

迫力があるね。このフレディの姿や、この曲の歌詞を見てて
彼の生きざまを考えさせられました。何で、この人が?って
思うよ。
才能溢れている人って、つくづく短命な人が多い。

 

締め。ギュッ。

この一枚で、かなり楽しめます。ここが入り口で
他の曲に興味が湧けば、聴くのもいいかと思います。
映像もあるし、今DVDの過去の作品も売れてるらしいね。

つくづく、本当に良い物は時代を選ばないと思う。
年代によっては、楽しみ方が違うかも知れないけどね。

天国のフレディも、喜んでいるかなぁ?w
また、評価されちゃってるから。