読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Urara's favorite music~2nd stage~

私の好きな80年代、90年代のJ-POPを中心に音楽にまつわる緩い内容です。

ブルーを撃ち抜いて

f:id:scene45:20161229114837j:plain

ライブ画像が、これでもかってくらいあるのであげておこうw
個人的には、新年を祝う気が起きないんだよ(´;ω;`)


淡々とブログ更新してるけど、未だに私はどう感情出したらいいのか
戸惑うばかりで、頭で健ちゃんが居ないってのは分かっても
実際には受け止めきれてないんです。

 

★ソロアルバムの詳細です。


黒沢健一ソロアルバムは、初期のポニーキャニオンさんから発売された
もの3枚+ボーナストラックとして過去のシングルや未収録音源がこの度
収録されるようですよ。

news.ponycanyon.co.jp

 

私は「First」を予約したいと思ってます。✨

新たに健ちゃんに興味を持たれた方のためにも、かつては8cmCD
シングルでしか聴けない曲も入れてくださったポニーキャニオンさんと
事務所のスタッフさんに感謝いたします。

 

★この時の健ちゃんは、かなり追いつめられていたのかも。

L⇔Rの後期の曲にアイネ・クライネ・ナハト・ミュージックという曲が
ありました。
これまでのポップロック系とは、打って変わった打ち込み系を取り入れたナンバー
で、斬新だなと思ったと同時に、この時の健ちゃんは精神的にも
追いつめられ過ぎてしまったのでしょう。


長年のファンの方ならご存じと思いますが、一時期健ちゃんは
雑誌「音楽と人」に顔を載せていませんでした。取材も受けてません。
一切、彼は姿を出さなかった時がありました。

youtu.be



言葉を彼から発しなくても、理由は何となく分かっていました。
心配はしたけど、彼から姿を出すまでは私らは待とうと。
彼は絶対そのまま消えるとか、そういうことをする人ではないと
思っていたので、信じて待ちました。

とはいえ、当時「アイネクライネ・・・」を受け入れられないファンも
居たことでしょう。実際、この時のL⇔Rの曲を苦手に感じた人の声も聞きました。
私も、少し戸惑いは隠せなかったです。
でも、ここは健ちゃんの気持ちを尊重して、彼が行きたい方向に行って欲しいと
思って静観していました。

★ふとした瞬間に、健ちゃんのことを思うのです。

そう気が付けば、23年。かなり中途半端なファン歴ですが(;^ω^)
最初の2年を知らなかったから、しょうがないか。
しつこくてすみません・・・私はずっとついてきて良かったって思うばかりです。


だからこそ、彼の死は戸惑いを隠せずに悲しいのに感情の出し方が
分からないままなのです。出会いがあれば、いつかは別れもくる。
人として生まれたからには、絶対起きる宿命ではあります。
しかし、こんなに早く来るとは誰も思わなかったでしょう。

youtu.be

その後期に、名曲である「ブルーを撃ち抜いて」という曲があります。
まだ私は、ブルーを撃ち抜くファイトは併せ持ってないです・・・。
ご家族や、近くにいる関係者や一緒にツアー回ったバンドメンバーの人らは
もっと私らよりも心の整理がついてないと思います。

来年は、それでこそ健ちゃんの年になろうとしてるのに彼はそこに居ない。
Oh Why・・・