Urara's favorite music~2nd stage~

私の好きな80年代、90年代のJ-POPを中心に音楽にまつわる緩い内容です。

スポンサーリンク

【ネタバレ注意】スターダスト☆レビューライブツアー「還暦少年」レポ(1)

f:id:scene45:20190325193239j:plain

昨日、行って参りました(`・ω・´)ゞスターダストレビューのライブ。
スタレビのライブは、5年ぶりだと思います。

久しぶりに観に行った…いや、スタレビの場合は客参加型なのでw
「参加してきた」が、正解ww

スタレビのツアーは、全国県庁所在地があるホールの会場で
いつもやるのですが、今回はこの会場スターピアくだまつ
でした。

何故なら、この会場が建ってから25周年を迎えたというのが理由。
まだ、新しい会場なのですよ。

山口市の会場の時には、あり得なかったけど
チケットが完売したとか。

【登場人物】

根本要(Vo&G)
柿沼清史(B&Vo)
寺田正美(Dr)
林"VOH"紀勝(Per)

(サポートメンバー)

添田啓二(Key)
岡崎昌幸(AGuiter&Key)

(注)スタレビのライブ自体が、めっちゃ時間が長いので
このレポも、文が長いですw ネタバレの内容なので
内容を知らずに、これから観に行…じゃないや、参加する人は
見てからにしましょう。

 

 

還暦オヤジパワー炸裂状態w

いや、ホント…還暦過ぎたおっさんたちとは思えんかったw
最初のオープニングから、スクリーンに要さんが映し出された。

会場のセットが、遊園地みたいな感じだったのね。
観覧車と、ジェットコースターがあって
還暦少年というテーマなので、そんなセットだったようで。

テーマパークのような、ライブ内容ということならしい。
それに因んで、要さんは掴みのギャグを言うw
USJと言えば、普通は大阪にあるユニバーサル・○タジオ・ジャパン
なんだけど、USJ…つまり、ユニバーサル
スターダストレビュー・ジャパンといたしまして…」www

確かに…スタレビも「S」からスペルが始まるわw

 

今回はメンバーに、「○○少年」を付けて登場させた。
それぞれ、特徴があるメンバーなので何とも判りやすい少年たちだw
そうして、要「僕らのデビュー曲を聴いてください!
シュガーはお年頃』」と、いうことで
1981年にデビューした彼ら。

こういうセリフは、昔からお約束のようです。
「シュガーはお年頃」は、ブギ調の曲で女性目線の曲です。

 

いきなり、ハプニング。

次が「もっとそばにきて」という、社交ダンスっぽい
ノリの曲なのだけど…

ここで、ハプニングが…!

要「あれ?スクリーンに出てなかった?」
えっ!?…何が?客席全員、何があったのかさっぱり分からず。

要「いや…(;^ω^)ね…僕らがステップ踏む時に、カメラが回って
スクリーンに映る予定だったんだよ。」

途中で前に居た柿沼さんと、要さんと岡崎さんの3人で
それぞれギターやベースを抱えながら、
ステップを踏んで踊るシーンがあったんだけど、
どうやらカメラか、スクリーンどっちの
調子が悪かったのか、原因不明だったけど
スクリーンに映って無かったらしい。

要「今日は調子がどうやら、悪いみたいだね(;^ω^)
じゃぁ、後でそのシーンだけ調子が戻ったらやるから
みんなその部分をする時になったら、席立ってくれる?
いや、このシーン大事なんだよ。」
…で、やり直したわけです。

それから、ノリのいいナンバー「Welcome to Jungle」
これは最近の曲なんだけど、レディー・ガガを意識した曲
だったようで、仮タイトルが「GAGA」だったらしい。

スポンサーリンク

木蘭の涙」しか、知らないあなたに…

要「スターダストレビューと言えば、あの…何だ
死んだ人の曲を歌ったバンドだろ?って言われるのも
何なんで…(;^ω^)こんなバラード曲がありますよってことを
紹介したいと思います。せーの!ジャン!!」

と、スクリーンには木蘭の涙しか知らないあなたに…」
という画像が表れた。

バラードナンバーを、2曲歌ってくれました。
「どうして」「夜更けのリフ」


個人的には「夜更けのリフ」は、オススメしたいです。
この曲聴けて、嬉しかったね~・:*:・(*´∀`*)ウットリ・:*:・

 

 ↑このアルバムに、収録されています。

 

カッコイイナンバーから、涙溢れる名曲まで。 

 今回のアルバム「還暦少年」

 

還暦少年 通常盤(CD)

還暦少年 通常盤(CD)

 

 ↑このジャケット画像がスクリーンに現れると
客席のみんなは、拍手をするように反応しちゃってましたw

このアルバムの3曲目に、収録されている「恋するTシャツ」
次の曲でした。

これは、作詞は森雪之丞さんで
要さんが見た、ジョン・レノンのプリントTシャツを着た
素敵な男性の話をして依頼したとか。
ど根性ガエルの世界じゃないですか…」と、言われたらしいw

お気に入りのTシャツに対する愛情たっぷりで
キュートなノリのナンバーです。

 

スタレビの曲って、バラエティーに富んでいまして
同じく、アルバム「還暦少年」に収録されているナンバー。
次は、しっとりとした大人っぽいブルースの
この曲でした。「Blues in the Rain」。

そして、前奏のベースのリズムがカッコイイナンバー。
最新シングル曲「世界はいつも夜明け前」

このMVも、シンプルでカッコよくてスクリーンに映し出されたと
同時に、生演奏が入ります。

youtu.be

↑これはショートバージョンですが、フルバージョンは
正にシンプルで、男くささがあるカッコよさだったよ。

スタレビのライブって、いつも3時間あるのね。
だから、他のお客さんから「休憩時間が欲しい!」ってリクエストが
多かったらしい。まぁ、トイレ休憩は欲しいわな。
…というのも、トークコーナーとかがあるからね。

ここで、休憩15分ありました。

スポンサーリンク

休憩時間は、グッズ紹介&6人のトークコーナー。

会場によって、そのトークのテーマが異なるらしい。
山口の会場は、「お祭りの思い出」でした。

その前に、ライブグッズを紹介してました。
メンバーがTシャツを着て紹介したり、老眼鏡をかけたり。

今回、ストールとか女性向けのグッズもありました。

私は、これを買いましたw

f:id:scene45:20190325223528j:plain

ちょっと、珍しい感じのTシャツだったので
これにしたんだけど、これって…
オムライスを、イメージした?ww

「恋するTシャツ」という曲の歌詞に
ケチャップこぼしてってあったので、それかな?とも
思えるわけで。

 

「祭りの思い出」で、インパクトがあった話

スタレビのメンバーは、全員埼玉県出身。

熊谷市に、「うちわ祭り」というものがあるそうですね。
まだ彼らがデビューした当初に、うちわ祭りにて
ライブ演奏を依頼されたらしい。

1stアルバムが発売されたけど、中々売れずに
ライブの観客も少なかったそうです。

アルバムを買ってくれたのが、友達だけだったらしく
正に「団扇(うちわ)祭り」ならぬ、
「内輪(うちわ)祭り」というオチをつけた要さんwww

そういう祭りのイベントに、彼らは出演することが多かったようで。

 

休憩時間のカウントの画像にジワるw

休憩時間のカウントの画像が、デジタル時計じゃなく
妙にアナログっぽい画像が、個人的にはジワりましたww

紙に書いて、押しピン1本で貼り付けた風な感じだったの。
「あと10分」とか、5分ごとにカウントされたんだけど…

ここは、ファンだったら想定内だろうね。
要さんはご存じの通り、めっちゃしゃべります。

「要のトーク分だけロスタイム」に、画像が切り替わったのは
やっぱりな…と、笑いつつも誰もが思ったはず。

15分きっちりになるわけがありませんww

 

このレポも、一旦切ります。また明日、後半を更新します。