Urara's favorite music~2nd stage~

私の好きな80年代、90年代のJ-POPを中心に音楽にまつわる緩い内容です。

スポンサーリンク

Nothtown Chiristmas

こっちは、モロファン向けの記事。
タイトルを見れば一発で判るよね。毎年、全国のL⇔Rファンの皆さんは
クリスマスと言えば、この曲を連想する人が多いかと思う。

私も日が近づくにつれて、上の画像のアルバム
「LOST RARITIES」を引っ張り出して、カーステで
ヘビロテしてます。明日までヘビロテします。

 

前にも書いたと思うけど…

L⇔Rの曲のクリスマスソングは、「Northtown Chiristmas」だけ
ではないって。

アルバム「Land of Riches」の中の一曲、「RED&BLUE」
そうなんです。

黒沢健一ソロは、2曲歌詞ナシだけどあります。

 

スポンサーリンク

「Northtown Chiristmas」の歌詞を改めて見る。

改めて、この「Northtown Chiristmas」聴きなおしているけど

この曲って、ハッピーな感じの曲じゃないよね。

 歌詞引用してみます。

伝えられそうなSilent Night
今はこの気持ち

言葉少ない君は
照れてごまかした
ホームに響くベルの音
Dream stay with you

何もなければ 二人
知らないそぶりで
小さな街の中で
すれ違えたはず
君の瞳を忘れない

Till my dreams come true

Good-by Merry Chiristmas
僕の夢かなうなら
すべてが輝くin my heat

時が流れて 二人
笑えるだろうか
白い吐息の意味を僕は忘れない
ガラスに君がかすんでく
Dream stay with you

(Lycs by 黒沢健一

 

全部引用するのは、辞めよう…
何かの理由で相手と知り合って
親しくなってきてはいるけど、別れた。
その時の心境を綴っているんだと思う。

だけど、これって片思いなのか
それとも、両想いなのか?
微妙なラインではあるね(;^ω^)

健ちゃんの書く歌詞って、切なさを抱えた前向き
歌詞が多いよね。
すごい微妙なニュアンスが多い。
だから、理解しにくいことが多い。

 

 

日本人特有の微妙なニュアンス。

ハッピーなだけ、悲しいだけってそういう
一言で語れる感情じゃない。
そういう複雑な感情を言葉で表現するって
中々難しいんだよね。

日本語って難しい。だけど、それを健ちゃんは
やってのけてるんだよね。
パッ単純に、ひたすらハッピーなだけって
分かりやすいのもいいんだけど、そういう複雑な
感情を繙くと、何とも奥が深い物だなって。

この人の曲は、じっくり腰を据えて聴くと
それがよく分かります。

こういう表現の歌詞が書ける人って、中々居ないんじゃない?

単純で分かりやすいのもいいけど
それだけだと、飽きやすいんだよね。

人にもよるけど、私が彼の曲を何十年も聴いてて
飽きないのはここにあるのかって、感じてます。

まぁ、黒沢兄弟って親が国語の先生ってのも
多少関係するかも知れないけど、殆どが
彼らの感性なんだろうな。

こういう感性が合うから、何度でも聴けるんだなって。

 

ソロもいいね。

「Hear me Now」の中の一曲。「A Song for Chiristmas」
これのアイデアを出そうかと思ったけど…
風邪でメール出せなかったわ(´・ω・`)ショボーン

 

この曲を聴くと、懐かしい気持ちになるよね。
子供の頃のクリスマスを思い出す。
プラツリーを飾って、モールで出来た🎅サンタクロースの
顔が、やけにリアルすぎて恐いんだよねw

それで、クリスマスケーキはヤマザキのケーキ。
もっと昔なら、バタークリームのケーキで
スポンジ生地の中に、あんずジャムが入っていたりして。

バラの花に模したクリームで飾られて
サンタの砂糖菓子や、チョコのプレートを誰が食べるかで
分けていたりしました。

その頃のクリスマスを、思い出すんだよね。
リボンをほどくのに、ワクワクしたっけ。🎀✨✨

 

ファンには懐かしい、これを見て見ますか?

 

 これ、見たらお分かりだと思うけど
ビートルズのMVっぽい感じでまとめられているんだよね。
L⇔R初期の作品は、こういうキャッチーなのが多かったね。
「恋のタンブリングダウン」です。

今聴いても飽きないわ。古さを感じません。
1993年の曲なんだけどね。
こちらは、黒沢兄弟の合作。4人とも、若いなぁw

兄弟揃って天才って、中々居ないもんだ。
YouTubeのコメント見てて、少々涙ぐみそうになったけど
こういうのに限って、中々評価されないものだね。


スポンサーリンク

締め。


この記事は、L⇔Rのファン向けに書いた記事ですけど
ファンとは行かずとも、L⇔Rに興味をお持ちのあなたにも
ってことで書きました。

もうね…何から聴かせればいいか迷うんだよ。
全部が名曲だからさ(*´ω`*)
因みに、初期はポリスターレコードに所属で
メンバー3人→4人。
中期~後期でポニーキャニオンに移籍して
メンバー3人という変化です。

 

ずっと、忘れない。令和になって、どんどん
新しいバンドやアーティストさんが出てくる。
だけど、時代が変わっても平成にこんな
素敵なバンドが…アーティストが居たってことを。

私は一生忘れない。MerryChristmas🎄✨