Urara's favorite music~2nd stage~

私の好きな80年代、90年代のJ-POPを中心に音楽にまつわる緩い内容です。

スポンサーリンク

23日のカルカルイベントレポを読んで。

f:id:scene45:20180318183958j:plain

↑この画像がお分かりの貴方は、私と同じ健一ファンだと思ってますw

昨日で私は仕事納めをしてきまして、既に連休に突入いたしました。
掃除が終わって、メールチェックをしたらオフィシャルからの
KKメールが来ました。23日の東京カルチャーカルチャーで行われた
黒沢健一さんにまつわるイベントのレポを
feature(オフィシャルのブログ)に更新したというお知らせでした。

 

行けなかったから、ありがたや~♪

このイベントのチケットが取りにくいのもあったけど
開催された曜日がね…東京だったし、日帰り出来ないし
次の日仕事だしで、そんな理由で断念いたしました。

かなり楽しかったようですね。

feature.k-kurosawa.com

名曲「This Song」にまつわるエピソードと、「Grow」
エピソードは興味深かった。

MVも知っているけど、あれ船の甲板の上で歌ってたの?
何か寒そうだなって、見てても判るMVだったんだよね。

GWだから、気温はそうでもないか。
でも海の上だから、寒いわな。 

This Song

This Song

 iTunes Store↑に、そのMVあります。いずれ、私も購入予定です。


この曲を、このブログで以前から私は
オススメしまくってますけど、もう一回プッシュしておきます。
マジで聴いてみてください。こんなに素敵な曲が書ける人が
この世に、日本に居たことを知って欲しい。

This Song

This Song

  • provided courtesy of iTunes

 ↑音源のみはこちら。

 

B(UHQCD)

B(UHQCD)

 

 この曲は、8cmCDの時代にリリースされたので
現在はCDで聴くなら、去年リリースしたリマスターアルバム
である、この「B」に収録されております。

Growもね…あれは、色々な意味に解釈できるよね。
まぁ残された私らが健ちゃんに向けた気持ちに
思えたりも出来るけど、親交のあった人に向けた気持ちでもあるし。

 

Focus

Focus

 

 「Grow」は、このアルバム「Focus」の一曲目の曲。

Grow

Grow

  • provided courtesy of iTunes

 iTunes Storeだと、単品で買えます。

スポンサーリンク

数々の、黒沢健一伝説。

このレポを読んだだけでも、健ちゃんはつくづく
凄い男だったんだなって思ったわけで。

L⇔R時代のライブハプニングで、即興で弾き語りを
アドリブでやったことなど…

つーか、そんな人のファンをしていた私って…
でも、何だろ…つくづく、健ちゃんのファンで
良かったんだなって。(人´∀`).☆.。.:*・゚
いやぁ~素敵だぁ💖

天然キャラもね…そんなに素でやってはいなかったのはね
何か解る気がするわ。
人間、物事を完璧にこなす人には近づきにくいよね。

そこは、健ちゃんに限ったことじゃないと思うけどね。
こういうところは、弱みを見せて近づきやすくして…って
歩み寄る努力をしないと、人付き合いできないじゃない。
そこは、彼も人間ですから。

レコードの数もね…まぁ、想像はついていたわw
重さ(トン)がつくほどだってのはね。
そのトンレベルのレコードは、現在はどこに行ったかが
気になるんだよなぁ(;^ω^)

 

健ちゃんが、徳山秀典くんに送ったイラスト。

掃除を終えて、コーヒーを淹れてfeatureを読んでいたので
そのイラストを見て、コーヒーを吹きそうになった私w
徳山秀典くんをご存じの方は、ご存じでしょうが
徳山くんは、健ちゃんと親交があった一人。

もう一度、featureのページリンクします。

feature.k-kurosawa.com

イラスト付きってところが、細かいのか雑なのかwww
でも、今となってはそれも貴重な物になりましたな。

プレゼント大会(過去のツアーグッズの放出?)も
あったようで、かなり豪華なイベントだったようですね。

スポンサーリンク

最後に、大きいプレゼント?

新潟発の音楽雑誌、「Interview file CAST」という
アーティストのインタビューのみを集めた
超がつくほどの、読み応えたっぷりの雑誌があるんですが…

さっき、公式サイト見たらデジタル版でバックナンバーを
出すらしい。

Interview file cast | Niigata Note

紙媒体で売るのは、この現代では大変なのね(;^ω^)
だから、雑誌でもデジタルで売ることが増えたよね。

来年の春に、健ちゃんオンリーのインタビュー集黒沢健一CAST」
発売すると、編集者の笹川さん仰ったようですね。
よっしゃ!その知らせを待つとしましょう。

 

音楽を楽しむことは続けるけど…

これは自分自身のことなんだけど、こうやって
音楽に関するブログを続けられるのも、読んでくださっている
皆さんのお蔭だと思ってます。

結構ドン引き内容あるのに、有難いことです。
音楽を楽しむ気持ちは、いつまでも忘れたくはないね。

だけど、誰かのファンはL⇔R及び
黒沢健一さんで、私はもういいなって思った。

若い頃のように、がっつり夢中に
なるのもね…そこまで体力と財力がないからw

音楽を追うのだけで、精一杯な時があるんだわ。
まぁ、そんだけ年取った証拠ってことだ(;^ω^)

 

あ、このブログはまだ続きますよ。
すみません…紛らわしくて。
更新も、まだありますから。

おたの…期待はしない方がいいかもw