Urara's favorite music~2nd stage~

私の好きな80年代、90年代のJ-POPを中心に音楽にまつわる緩い内容です。

スポンサーリンク

80年代の卒業ソング。

f:id:scene45:20190409203757j:plain

↑これは、去年の桜です。自分で撮影しました。

今日は「桜の日」だそうです。

すみません(;^ω^)めっちゃ日にちが開いてしまった。
実は、私Twitterを先週から再開しました。
8年前に辞めて以来なので、慣れるまではブログを更新できませんでした。
以前とはだいぶ変わったよね、あそこ。

エンタメ専用のアカウントを、近々取得します。
以前は、何でもかんでも一つのアカウントでツイートして
失敗した感が半端なかったのでね(;^ω^)

アカウントを分けた方がいいなと思ったのよ。
今日は、春なので別れや出会いのソングをお届けします。

 

中学生の頃の卒業式の曲。


春なのに/柏原芳恵

「春なのに」柏原芳恵さんと言えば、今の天皇陛下が大ファンだったよね。
この曲、吹奏楽で演奏したっけ。
中学生の頃、卒業式の入退場のBGMは吹奏楽部の演奏だったんだよ。
それで、先輩たちを送っていたっけな~
因みにリリースは、1983年です。

この曲、切ないよね…切ないけど、名曲だよなぁ。
ありきたりの感情ではあるけど、こういう曲は
当時ならではだよね。
今、第二ボタンをもらいに行くって人居るのかな?
ウチラの時は、モテる男子は学ランのボタンが
無くなっていたっけw
因みに、私は卒業式の時は憧れていた先生と2ショット写真を
撮ってもらったことがありました(*´ω`*)

その後、友達とボーリングやりに行ったっけ。

 

春なのに

春なのに

  • provided courtesy of iTunes

 

スポンサーリンク

本当はかなり長いです(;^ω^)

ガチ世代ですから。これが無いとね…話にならん。
尾崎豊「卒業」。この曲、本当はめちゃくちゃ長いです。
確か、9分くらいあったような…。
「I LOVE YOU」ばっかりクローズアップされがちだけど
尾崎の曲は、もっと名曲いっぱいあるんだよね。

1985年の曲です。

一般的に受け入れやすいのが「I LOVE YOU」なんだけどね。
↑のは、1988年のライブならしい。ワーナーミュージックさんから
既にリリースされたヤツっぽいね。

最初のピック投げた後のセリフが(人´∀`).☆.。.:*・゚
イケメンだから、「ヤバ!カッコイイ💖」ってなるけどね。

「今投げたのは、俺の夢だから。壊さないように…」
他の男がやったら、かなりクサイセリフだなw

リリースして、何年か後にこの歌詞にある
「夜の校舎 窓ガラス 壊して回った」ってあるけど
影響されちゃったのか、マジでガラス割った事件があったよね(;^ω^)
いつの時代も、現実と歌詞の世界の区別がついてないヤツは
居るもんだわ。確か尾崎本人が釈明したと思うけどね。

 26歳の若さで亡くなったのがね…惜しいなぁ。

卒業

卒業

  • 尾崎 豊
  • J-Pop
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes

 

 

高校生の頃の思い出ソング。


渡辺美里 BELIEVE

卒業とは違うんだけど(;^ω^)ごめんw

卒業式の2日前だったかな?お楽しみ会みたいなのがあったんだけど
その余興で、みんなで歌おうってなったわけよ。
それで候補に挙がった曲が、何故か渡辺美里さんの曲ばっかりでさw
クラスのみんな、好きだったようだ。因みに、女子校でした。

高校の卒業式って、大体3月1日が多かったんだけど
ウチの学校は、3月3日。

My Revolutionが、よく取り上げられがちなのですが
この曲を挙げたヤツ、居たなぁ。「Believe」1986年の曲。
TBS系ドラマ「痛快!OL通り」の主題歌でした。

いずれも、作曲が小室哲哉さんなんだけどね。

今聴いたら、やっぱりいい曲だわ。
挙げたヤツ、良いセンスしてるなぁって思ったわ。

…というか、この当時は本当に色んなバンドや
アーティストが沢山居たから、つくづく私の世代は
恵まれ過ぎて、選ぶのに苦労するのよw

BELIEVE

BELIEVE

  • 渡辺 美里
  • J-Pop
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes

 

スポンサーリンク

締め。

私が中学・高校の時は80年代でバブル前とバブル期真っ只中でした。
なので、80年代がやっぱり印象深いので
ざっと80年代の曲だけ、3つに絞りました。

本当は、80年代でももっとあるんだけどね。
時々でも、こうやって貴方の卒業した当時を振り返るのも
いいと思います。どんな思い出が出てくるかはあなた次第です。